Mother Days Magazine

ワーキングマザーの育児・家族・仕事のブログ。「悩み」「感じたこと」「役に立ったこと」いろいろ発信しています。

妊娠超初期。続く茶オリや出血が止まるまで。経過のまとめ

f:id:chanmie:20170924033101j:image

 

はじめて私が妊娠したのは、35歳の時。

もう、36歳も目前での妊娠でした。

結婚して、妊活をはじめてから、ちょうど1年6ヶ月。なかなかできずに、諦めかけた時に思いがけず妊娠。

いわゆる高齢出産だけれど、妊娠が分かった時点では、はっきり言って「まだまだ若い」と自負していた私。

でも、体は?というと確実に、歳をとっていたようです。

それが、出血とか茶オリとして、現れたのかな?と感じています。

このブログでは、私が経験した妊娠初期からの茶オリや出血の経過と、落ち着いた時期についてまとめました。

 

妊娠超初期から始まった出血と茶オリ。症状と経過は?

妊娠初期 妊娠4週

待望の妊娠!

赤ちゃんができなくて、悩んでいたけどサプリを飲んだり、それなりに妊活をしていた私。

身体の調子が整い、毎月決まった日に、ちゃんと生理が始まるサイクルが出来上がっていました。(もともとは少し不純でした。)

だけど、その月だけ、なぜか生理予定日に微量の出血。

このまま出血量が増えるかと思いきや、全く増える事なく、1日1滴か2滴?と思われる位の、本当に少ない出血(しかも鮮血)が3、4日続いて。

 

これまで経験したことのない症状に

「もしや?!妊娠したかも?」

とピーンときた私は、検査薬をためすことに。

案の定、念願の妊娠することが、できました。

 

ナゾの出血が続く

検査薬で陽性を確認してから数日。

念願の赤ちゃんができた!と喜んだものの、生理予定日から、ほんとに微量だけど出血がおさまらない!

出血も鮮血だったり、茶オリだったりと、日によって色々。

毎日仕事しながらも、「このまま流産しちゃうんじゃ?」という不安と戦っていました。

 

あんまりにも、心配だったので、生理予定日から4日目にして、早々に近くの産婦人科を受診することに。

 

初めての産婦人科にドキドキしながらも、病院の妊娠検査薬のチェックで、「妊娠しています」との先生の言葉に思わず、ウルウル!

したのもつかの間、しっかり陽性反応がでたものの、内診では赤ちゃんの袋が確認できず。「もしかして子宮外妊娠かもしれない。」と言われ、奈落の底に突き落とされた気持ちに、、。

改めて、1週間後に再検査となりました。

 

帰り道、とぼとぼ一人歩きながら、不安すぎて大号泣!

 

妊娠6週目

あらためて産婦人科を受診

改めて内診しに産婦人科へ。

不安だった最初の検査から1週間。

その間も、鮮血だったり、茶オリだったり、日によって少量だけど、何かしら症状が。

ちゃんと妊娠しているか、不安な日々をおくっていましたが、無事、2度目の内診で赤ちゃんの胎胞と心拍を確認。

通常妊娠であることが分かり、一安心。

でも、まだ時々ある、茶オリや出血はおさまらず、、。

 

妊娠7週

つわりが始まる

仕事帰りに突然の吐き気!

電車に酔ったかと思いきや、この日から約2ヶ月間、食べづわりとの戦いが始まりました。

つわりは、正直辛かったんですが、赤ちゃんがちゃんとお腹の中にいてくれている、という確認ができるから、妙に安心したりして。つわりのおかげで、出血の不安が和らぐことも。 

 

会社に妊娠を報告

まだ安定期までは、先が長かったけど、時々ある茶オリや出血で、不安な毎日。

でも仕事は、忙しく休む事はできず、、。

つわりもこのまま激しくなったら、会社を突発しなくちゃいけない、、という不安から、早々に会社に妊娠を報告。

妊娠10週

毎日ではなくなったけど、続く茶オリに悩みながらも、仕事の毎日。

そんな中、検診してもった時のエコー画像に、赤ちゃんのへその緒が!

素直に感動!繋がってるんだな〜と不思議な気持ちになる。

お腹の中の赤ちゃんに励まされる毎日。

 

妊娠11週

切迫早産の診断

つわりと出血・茶オリがありながらも、仕事していたある日。

残業後、自宅にもどり、のんびりベッドで過ごしていたら、突然、結構な勢いで何かが出てきた感覚に。

見たら茶オリが!

鮮血では無かったものの、怖くなり慌てて夜8時過ぎに、産婦人科を受診。

内診してもらい、赤ちゃんの心拍がしっかり確認できて、赤ちゃんは、無事だったことに安心。

先生いわく、「鮮血ではないから、これまでの出血の残りの血が、茶オリとして出てきた可能性がある」との事でしたが、診断結果は、切迫流産。

この日から、約1週間の安静生活を余儀なくされることに。

会社の上司に、病院後、即連絡。

診断書を病院から提出してもらい、会社をお休みすることに、、。

 

自宅安静から仕事復帰

自宅での安静生活をへて、1週間後。なんとか仕事へ復帰。

しかしながら、まだ時々の茶オリがあり、不安な毎日。

つわりもピークでグッタリの毎日。

 

妊娠14週

ついに!嬉しい変化

まもなく安定期になる14週で、あれだけ続いた、茶オリがなんと!妊娠5ヶ月を目前に、ピタリと止まりました!

特に何をした訳でもなく、ある日を境に全く、茶オリがなくなり、安心と共に身体の変化に驚いてしまいました。

つわりはまだあったけど、茶オリがおさまった事で、前より気持ちが前向きに!

 

こうして、長く続いた不安な出血や茶オリは、妊娠14週で、全くなくなりました。

 

出血がおさまってから

妊娠中期と後期の症状は?

晴れて14週でピタリと出血が治り、ついでにつわりも16週にはおさまって、楽しい妊婦生活が、始まった!と思いきや。

仕事や出産準備のお買い物に奮闘した結果、妊娠中期の後半には、今度は切迫早産に(涙)

ウテメリン(早産防止のお薬)を服用しつつ、結果臨月まで、絶対安静の寝たきり生活に。

 

今、妊娠初期で、出血に悩まれてるみなさん、無理は禁物です。

ぜひ、ゆっくり、のんびり過ごして下さいね。

 

まとめ

私の初めての妊娠生活は、出血に始まり、最後は寝たきりで終わりました(笑)

でも、もっと大変な方もいるので、私はまだ、良い方かと思います。

結果、早産することなく、39週2日にして、無事元気な赤ちゃんを出産することができました。

体重は2590グラムと小さめでしたが、強く大きな声で泣く赤ちゃんを見て、涙が止まりませんでした。

今は3歳で生意気ざかりの子に育っていますが、産まれきてくれた事に感謝です。

 

今不安な思いをされている妊婦さんもいらっしゃると思いますが、赤ちゃんが元気に産まれてきてくれる事を信じて、頑張って下さい!