Mother Days Magazine

ワーキングマザーの育児・家族・仕事のブログ。「悩み」「感じたこと」「役に立ったこと」いろいろ発信しています。

産後の物忘れが激しい!心配すぎて「物忘れ外来」を受診した話

f:id:chanmie:20171124070816j:image

産後の物忘れについて

36歳で出産を終えてから、毎日、家事・仕事・育児、それに加えて夫のお世話で、とにかくあわただしい毎日。

一日にこなさなくちゃいけないタスクが、山ほどあって、頭の中で整理できてないな、と感じることも多いのが現実。

ついでに、アラフォーだし、年々記憶力の衰えを感じていて、会話の中にも、

「あー、そうそう、あれあれ。」

「名前なんだっけ??」

っていうのが頻発する始末。

 

とにかく物忘れが激しいし、時には、勤務先の十数人しかいない会社の電話の取次ぎの時にさえ、営業のおじさんの名前が思い出せないことも、、。

一緒に働いて1年以上経つのに、、。

なんだろう、この感じ。言葉が詰まって、頭から出てこない、、。

それが1度だけじゃなくて、不定期だけど、時々起こる。

 

しかも、我が家は脳梗塞家系、母方のおばさん、父方の祖父、そして実の父、全員脳梗塞を経験。おばさん、祖父はそれで亡くなっているし。

さらには、ふわふわするめまいが20代から時々あったり。

 

「もしかして、これってただの物忘れじゃないのかな?」

 

心配になって、物忘れ外来なるところへ行ってみることにした。

 

東京八重洲にある物忘れ外来へ

確かテレビ番組で、「物忘れ外来」があるって聞いたことがあったので、ネットで調べてみる。

すると、自宅近くの東京八重洲に「物忘れ外来|八重洲クリニック 脳神経外科」があったので、早速予約し行ってみることにした。

 

病院の様子と診察内容は?

予約日当日。

初めての脳神経外科にドキドキしながら、病院へ。

 

新しいビルの一室にある、八重洲クリニック脳神経外科は、さほど大きくなく、簡素でシンプルな作り、怖さを感じさせない、こぎれいな病院だった。

待合室には、娘さんに付き添われている、認知症と思われる年配の女性や、仕事中のサラリーマン、学生さんなど、思ったより色んな人がいて驚いた。

 

待合室でしばらく待っていると、私の順番が来た。

呼ばれて、診察室へ。

 

簡単な問診の後、先生に物忘れの症状を伝える。

女性の先生で、年齢は私より、少し若そうな感じ。

物腰がとっても柔らかく、小さな声の優しい口調で、いろいろ聞いてくれた。

 

  • 仕事中に勤務先の人の名前が出て来ないこと
  • 自宅で子供に物忘れを指摘されること
  • 脳梗塞の家系であること
  • コレステロールが高いこと
  • ふわふわするめまいが不定期で20代からあること
  • 物忘れをするのは、どんな時か
  • 頻度はどの位か、などなど

 

思いつく限り、全部話し、先生も親身になって、話を聞いてくれた。

 

問診の結果、先生からの回答

色々話して、先生からの回答は、

「心配ないですよ。」

というとっても安心させられる、優しい一言だった。

 

「産後は誰しも物忘れしやすくなる。」

「子育てしていると、やらなければいけないことが多くなり、忘れることが多くなるのは仕方のないこと。」

「特に、もともと覚える事が苦手なタイプの人は、子育てで忙しいと、あれこれやらなくちゃいけなくなって、物忘れしやすくなる。」

「症状からして病的な物忘れの可能性は極めて低い。大丈夫です。」と。

 

先生自身も、子育てされている方で、

「自分も子供に牛乳を買い忘れて言われて気づくこと」など話してくれて、脳神経外科の先生というより、育児の先輩と話している感覚で、なんだかホッとさせられた。

心配から解放されたのと、子育ての先輩からの優しい言葉に、思わずウルウルしてしまった。

 

先生いわく、病的な物忘れは、以下のような症状らしい。

  • ご飯を食べたか忘れる
  • 自宅の場所を忘れる

 

これを聞いて、流石に40歳でこれがあったら、自分自身でも只事でははい!と思うわ!と思わず、心の中でツッコミをいれた。

 

脳梗塞家系のことについては。

私が伝えた症状は、脳梗塞では起こらないらしい。

どちらかと言えは、脳梗塞と言うよりは、脳腫瘍の場合に、起こる症状らしい。

少しドキッとさせられたが、それでも、腫瘍があるレベルの症状ではないらしい。

 

最後に、症状は問題ないけど、せっかく来たから、3割負担で、MRIが受けられるので、やって行きますか?と先生。

金額にして¥7,000、時間は20分くらいらしい。

私は、即「お願いします。」と答えた。

 

この日は、仕事もお休みしていて、子供の保育園のお迎えにも、まだ時間があったから、MRIをうけて帰ることにした。

 

 

と、診察のあと、別のビルにあるMRIをする場所に移動し、人生初めてのMRI検査をうけることになったんですが、、。

ここで自分自身もこれまで気づかなかった自分、に気づかされることに、、。

 

これについては、長くなりそうなので、初めてのMRI体験として別の記事にしています。

良かったら覗いてみてくださいね。

www.motherdaysmagazine.com

 

 

さいごに

初めての脳神経外科で、ドキドキして行ってみたのですが、産後や子育ての忙しさが、やっぱり原因だったかな?と感じます。

それ以上に、先生に色々聞いてもらい、心もなんだか軽くなった1日でした。

 

産後物忘れでお悩みのママさん、一度病院へ行ってお話しをしてみることをおすすめします。

 

参考までに、私が今回お世話になった病院はこちらです。

八重洲クリニック 脳神経外科・精神科 [東京都中央区日本橋]

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。