Mother Days Magazine

ワーキングマザーの育児・家族・仕事のブログ。「悩み」「感じたこと」「役に立ったこと」いろいろ発信しています。

人生初のMRI検査で自分が閉所恐怖症だったと判明した話

f:id:chanmie:20171127093124j:image

人生初!MRI検査をやることに

MRIの検査を受けるに至るまでの経緯

今ちょうど40歳になったんですが、ちょっとした物忘れがひどくなりました。

夫に、マヨネーズ取って、と言われ冷蔵庫を開けてるにもかかわらず、何を取りに来たのか忘れたり。

10人程度の規模の会社で働いているんですが、毎日会話している営業の人の名前が出てこなかったり。

など。

 

結婚し、3歳の子供もいるのですが、仕事や育児・家事で忙しい毎日。

疲れてるのかな?とも思ったのですが、実家も脳梗塞の家系だし、もし何かしらの病気だったら、仕事や家庭に支障をきたしそうだな、と感じたので、気楽に「物忘れ外来」を受診してみました。

 

その時の記事がこちらです。良かった見てくださいね。 

www.motherdaysmagazine.com

 

 

物忘れ外来で、始めに先生の診察を受け、特に心配ないレベルの物忘れ、という事だったんですが。

念のため脳のMRIをとりましょう、ということになり、人生初の MRI検査を受けることになりました。

 

「物忘れ外来」のMRI費用について

実は、健康診断で受けると、2・3万はするであろうMRIが、「物忘れ外来」で診察しているので、3割負担で受けられるそうです。

費用にして7,000円くらい、とのこと。

これは是非やった方が良いな!と気楽な気持ちでお願いしました。

 

MRIを受ける前の問診

 MRIを受けるにあたり、予め問診表の質問に答えました。

10個ぐらい項目があり、その中に、閉所恐怖症ですか?という質問が。

私はその時点で、「なぜこんな質問があるのだろう?」と若干疑問に感じつつ、自分は全く閉所に恐怖を感じたことなどない!と自身があったので、自身を持って「いいえ」にチェック。

 

この時まで、逆に自分は狭いとこの方が好き、とまで思っていました。

でも、それはものの数分後に、覆されてしまうのです。

 

MRIの検査室へ

無事に問診がおわり、MRIの検査室へ。

中には、テレビでよく見るあの装置が、私の目の前に!

なんかすっごい機械機械してるんだなーと、思いつつ、初めての事に少しドキドキ。

実は、CTは20年前にやったことがあって、私の中では、そのイメージが強く、自分は大丈夫と、自身がありました。

なので、やるまで全然平気だったんです。

MRIに対しても、CTと同じと思っていたので、何にも恐怖とかありませんでした。

 

検査の人の指示に従い、実際に MRIの診察台に横になります。

寝たあと、ヘッドフォンを装着し、何かあったときに知らせるブザーも渡されました。

そして、「じゃあつけますね。」の言葉で、ベッドセットを頭につけられ、頭を固定されました。

この時点で、眼は閉じていました。

20分ぐらいの検査だし、このまま寝てしまおうか、と思っていました。

 

検査の方に、「それでは中に入りますねー」といわれ、いよいよ実際にMRIの機械の中へ。

思ったより、すごい勢いで押されて、ぐいーん、と機械の中に入った感覚がありました。

でも、まだ目は閉じていました。

 

検査が始まって5分くらいたったころ。

気持ちの余裕からか、MRIの機械の中ってどうなってるのかな?とふと思ってしまったんです!

今思えば、これが全ての間違いの始まりでした、、。

中がどうなっているのかどうしても気になってしまった私は、興味本位で閉じていた目を開けてしまったのです!

 

うわー!!狭い!!!!!

目の前に、なんか物体がある!

 

目の前、2センチくらいのところに、ぼんやりと白い物体が見えてしまったのです! 

怖くて、急いで目を閉じました!

 

うわ!なんか、やばーい!!

 

なんだか急に、ドキドキしてきてしまって。

いくら眼を閉じても、目の前の物体の事が、脳裏をよぎり、怖さを払拭できません!!

 

やばい!めちゃくちゃこわーい!

 

目をつぶっても、自分がものすっごい、狭い空間にいる恐怖が、どんどん襲ってきて、怖くて怖くて、逃げたくて仕方ない気持ちに。

 

目をつぶり続けたけど、

恐怖が続く。

 

頭を動かしたいけど、固定されてて、

それすら恐怖に感じてくる。

 

うー、苦しい!怖い!

こんなん20分も絶えられない!!

ダメだ!! 

ドキドキが止まらない!

 

迷ったけれど、

怖さに耐えきれず 

ブザーを押す。

 

検査の人の「どうしました?」の声がヘッドフォンから聞こえてくる。

 

私「すいません、なんか怖いです、、。」

 

検査の人「分かりました。」

 

検査の人が来て、装置からだされる。

 

私「すいません、、。」

 

検査の人「大丈夫ですか?これが閉所恐怖症の典型的な特徴ですから。」

 

私「えー!!」

 

驚きました。

まさか自分が閉所恐怖症??

あんなに狭い場所が好きで、押入れに入って遊んだりしていた私が、閉所恐怖症?!

 

寝耳に水とは、まさにこのこと。

 

結局、診察は中断。

MRIからでたあとも、身体の緊張から硬直がとれず、手が震えている状態。 

このままでは、またMRIに入ることは難しいので、また別の日に、今度はCTを取ってもらうことになりました。

 

ネットで閉所恐怖症について調べてみる 

帰り道、早速ネットで、閉所恐怖症について、あれこれ検索してみると。

なんと、私がこれまで経験して、なんかこれ怖いと感じたものが、閉所恐怖症の人が怖いものとして載っていました。

 

それが、ディズニーシーにある海底2万マイル。

あれ、雰囲気が怖かったり、海底に沈む感じが怖いと思っていたのですが、閉所恐怖症関係しているとは、、。

納得しました。

 

それからの私は。 

MRI検査を受けてからというもの。

 

これまで何とも思わなかった

美容室で頭を洗ってもらうときのタオルが、 少し怖かったり。 

エステでフェイシャルマスクをしてもらうときに、顔面に載せられたマスクに恐怖を感じたり。

 

これまでなんとも思わなかったことに、恐怖を感じる様になってしまったのです。

何でしょうか?この症状、、。

自分の閉所恐怖症に気づいてしまったからでしょうか?

できれば、この症状を改善したいと思う毎日です。

 

まとめ

いかがでしたか?

人生自分が知らないことで、何かを刺激されて、本当の自分に気づくこともあるともいますが、それが私の場合、閉所恐怖症でした。

あれから、日にちがたち、少しずつ恐怖も和らいできていますが、初めてMRIを受ける方、なるべくなら目を閉じるか、アイマスクしてもらうと安心して20分という検査時間を過ごすことが出来ると思います。

初めてMRI受けられる方は、ご参考になさってくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。