Mother Days Magazine

ワーキングマザーの育児・家族・仕事のブログ。「悩み」「感じたこと」「役に立ったこと」いろいろ発信しています。

育休明けで仕事復帰。初めての病児保育室体験記

f:id:chanmie:20161218082140j:plain

育休明けで仕事復帰しても、子供の体調不良で突然会社を休まなくてはいけなかったり、流行性の感染症で、体調が戻っても保育園へ登園できずに、1週間近く会社を休まなくてはならなかったり、といざ仕事へ復帰しても、出産前の様に仕事をするのは難しいのが現実です。

特に、まだ入園したての2歳以下の小さい子は、同じ園の上の子たちよりも免疫がすくないので、すぐに風邪をもらってきて、なかなか治らず悪化してしまいお熱を出してしまう事も。

完全に治るまで一緒にいてあげたいけど、そんな状況を一般的な会社や上司・同僚が許してくれる事はあるはずもなく、肩身の狭い思いをすることもあるかと思います。

周りに頼れる身内もいないし、代わりに子供を見てもらえる人がいない、、。

そんな時の為に、あらかじめ病児病後保育を調べておくのをお勧めいたします。

 

 

初めての病児保育室体験記

f:id:chanmie:20161220091621j:image

私が育休に復帰したのは娘がちょうど1歳1ヶ月の時。

娘は3月の早生まれで、まだハイハイしかできなくて、他の子に比べたら本当小さいなぁと言う感じでした。

風邪や病気もすぐもらってきては、発熱で、育休明け2ヶ月目にして、私もすでに数回休んでしまい、会社の上司には、嫌な態度を取られたりして、気まずい状態がずっと続いていました。

そんな中、今度は娘が突発性発疹にかかってしまい、1週間の登園停止状態に!

周りに頼れる身内がいない私は、これまで頭の片隅にはあったけど、体調不良の娘をお願いするのが可愛そうで、使うのをためらっていた「病児保育室」に思い切ってお願いしてみることにしました。

 

病児保育室に預けるまでの流れ

出社前日

最寄りの病児保育室2件に電話してみる。でも予約ですでに埋まってる状態。一応、キャンセル待ちにしてもらうことに。

翌日

am8:00 一つの病児保育室からキャンセルが出たとの連絡があり、娘を連れて行くことに。会社には遅れて出社していく連絡を入れる。

結局、出勤時間には間に合わない涙

am8:45 娘を連れて病院へ 

私がお願いしたところは病院併設の病児保育施設だったので、いったん病院へ行って診察してもらう。他の患者さんもいて少し待つ。

am9:00 

診察 その日の症状を確認してもらい、診察してもらう。病児保育室に持参する書類を頂く。

清算 お金は前金制。病院で清算する。

金額は、施設利用料:4,200円、登録料:2,000円【合計】6,200円

時短勤務でなおかつこの日は遅刻までしているので、少ない私のこの日の稼ぎがほとんどが病児保育代に、、、。こんな思いして預ける意味あるのか?とかなり疑問に思う。

am9:30 併設の病児施設へ

病児保育室は、病院から徒歩1分のところにある普通のアパートの一室でした。

預かれる子供の定員は4名。

保育士さんは私が確認したのは2名でした。

ちゃんと他の病気の子と違う部屋に、同じ病気の子が同じ部屋になるようにしているみたい。

病児保育室に入る時に、今日来ている他の子がどうゆう症状で、どうゆう部屋割りになるか、ちゃんと説明があり、とても親切丁寧で私の不安も和らぐ。

ちなみにこの日は娘を入れて3人で、他の2人はご兄弟(同じ病気)でした。

なので、娘は保育士さんとマンツーマンでの保育になるとのこと。

病院からもらった書類をお渡しして、一緒に突発性発疹の症状を確認。

持参した必要な持ち物も確認。

持ち物

  • お着替え 2着
  • おむつ
  • お昼
  • お薬
  • おやつ
  • 病院でもらった診断書
  • ゴミ袋持参

 

お迎え時間の確認と、途中経過を報告するので、お昼休みに連絡下さいとお話しがありました。

 

am10:15  イヤイヤしながら号泣の娘を無理矢理お願いし、そのまま会社へ

 

pm12:30 お昼休みに途中報告を聞くため電話

預ける時号泣していた娘も、すぐ泣き止み、お隣の部屋の兄弟の様子を気にしながら先生と遊びつつ、11:30には少しご飯を食べ、そのまま熟睡した、と事細かに様子を報告してもらう。

泣き止んで遊んでいたと聞き、またまた一安心。

pm4:15 退社

病児保育室は病院が終わる時間に合わせて終了するので、会社は遅刻したのに、結局早退もしなくてはならなくて、嫌な雰囲気のまま仕方なく、お迎えにむかう。

pm5:30 お迎え

先生に一日の状態を聞く 

連絡ノートをもらう 

翌日の予約をお願いする

pm5:45 帰宅

 

病児保育室を利用しての感想

始めはとても心配でした。娘はとっても人見知り。しかも体調悪いのにイヤイヤしてて預けるなんて。

実際お願いする時も、号泣で私から離れようとはしなかったです涙

でも、実際利用した病児保育室は、とっても親切な施設で、対応頂いた保育士さんもとても朗らかで明るくと良い方でした。途中経過で連絡した時も様子を事細かに説明してくれて、お迎えした時、娘は楽しそうにニコニコ超ごきげん。私を保育室の中で一緒に遊ぼうと連れて行こうとするぐらい。

保育士さんも、「なるべく使わない方が良いと思いますが、また何かあったら利用してくださいね」と笑顔で言って下さり私の不安も一気になくなりました。

本当は自分で見るのが一番だけど、頼れるところを一つ見つけておくと便利だな、と感じた一日でした。

 

病児病後保育施設検索サイト

全国病児保育協議会:全国病児保育協議会加盟施設一覧表

東京都病児保育事業 東京都福祉保健局

 

シッターさんのパターンもあります

お子さまの安心安全を第一に考える病児保育のフローレンス│東京・神奈川・千葉・埼玉の病児ベビーシッター

ベビーシッターのル・アンジェ|月極ベビーシッター・病児保育・居宅訪問型保育

病児保育 - ベビーシッター | ベリーベアー | ネス・コーポレーション