Mother Days Magazine

Mother Days Magazine

ワーキングマザーの育児・家族・仕事のブログ。「悩み」「感じたこと」「役に立ったこと」いろいろ発信しています。

ベビー用品を出産準備。切迫早産で自宅安静の私がネットで最低限準備した物14選

f:id:chanmie:20161122173147j:image

 

出産が近づくに連れて、赤ちゃん用品の準備に本腰を入れなくては!とお考えのプレママさんも多いのではないでしょうか?

 

私が初めて妊娠した時、仕事もしていて、身重ながら残業続き。

最終的には切迫早産の絶対安静(自宅)で、思い通りの準備ができなかったなーと感じています。

 

実物の赤ちゃんグッズを見る事もできず、もっぱらネットに頼ってベッドに寝転がって注文したりしてました。

私の様に切迫流産・早産で、出産準備したいけど、思うようにできない!とモヤモヤしているプレママんも多いんじゃないかなーと個人的に感じています。

私と同じ境遇の方に、私が「ネットで準備したベビー用品のクチコミ」や「手作りした物」をご紹介します。

 

少しでもプレママのみなさんのお役に立てれば幸いです♡

 

 

 

切迫早産の私が出産前にネットで出産準備。ベビー用品14選

出産前にネットで購入した赤ちゃん用品全て

私が出産前にネットで準備したものが下の14品です。

  1. ベビーカー
  2. お布団
  3. 授乳クッション
  4. 湯温計
  5. 赤ちゃん用せっけん
  6. バスタオル
  7. 赤ちゃん用洗濯洗剤
  8. 室温・湿度計
  9. 哺乳瓶
  10. 哺乳瓶の消毒用セット
  11. 赤ちゃん用爪切り・ブラシ
  12. 体温計
  13. 肌着
  14. 赤ちゃんが退院時に着用する服

ざっと考えただけでも結構ありますね!どれも実物が見れなかったのが、少し心残りでしたが、なんとか揃える事ができました!

 

その中でも、特にネットで購入したけど、買って正解だった!という物をご紹介いたしと思います。

出産前にネットで購入した赤ちゃん用品・買って良かった物4選

買ってよかったベビー用品その1:AB型のベビーカー:コンビのメチャカルハンディー

 

東京都内在住の私たち家族。車もあるんですが、私が一人で赤ちゃんを連れてお買い物や、お出かけをして、電車やバスに乗ったりすることを想定して、極力軽く・片手でベビーカーをたためるものを基準にして選びました。

ネットでは実際に、軽さや使い勝手までは、分からないことだらけで、産後に購入するかどうか、とっても悩みましたが、ネットで購入する事にしました。

その中で、選んだのが、コンビのメチャカルハンディです。

 

 

実際使ってみての感想

メチャカルハンディーという名前だけあって、期待を裏切らない軽さです!電車やバスで赤ちゃんとお出かけしたい方にピッタリ!片手で楽々持てちゃいます!友達に使ってもらったところ、軽さにみんな絶賛でした。

 

買ってよかったベビー用品その2:赤ちゃん用お布団  

コンビのお布団を購入しました。

可愛いデザインが良かったのと、割引で販売していたのに惹かれ購入しました。

我が家は、マットレス付きのベビーベッドも使用していたので、購入した敷布団のマットは、もっぱらリビングでお昼寝用に使っていました。

掛け布団は、現在3歳ですが、今も使用しています!

長く使えるので、金額は高いですが、買って良かったです。

 

コンビ Combi きれいがスヤスヤ ベビーふとん カラーキャンバス 必要なものをしっかり揃えた11点セット

 

買ってよかったベビー用品その3:授乳クッションにもなる抱き枕

たまひよSHOPで購入しました。9か月を過ぎたころから、大きくなったお腹で寝るのが苦しくなってきたため、産後も授乳クッションとして使える抱き枕を購入しました。

 

>>【送料無料】丸洗いで清潔!妊娠-授乳用お助け抱き枕 たまひよSHOP

 

丸洗いできて清潔ですし、 出産後に実際赤ちゃんに授乳するとき、約20分くらい抱っこが必要になりますが、腕だけで抱っこするより、クッションに腕の乗せて赤ちゃんを支えられるのでとっても楽でした。

 

買ってよかったベビー用品その4:哺乳瓶消毒用セット「コンビ除菌じょーず」

コンビで発売している、レンジでチンするタイプの哺乳瓶消毒セットを購入しました。

私は、ミルクは使用せず、完全母乳だったので(本当はミルクもあげたかったけど、赤ちゃんがおっぱい優先だったので、結果として、完母になったんですが。)予定よりは使用頻度はすくなかったですが。

赤ちゃんに白湯をあげたりした後に、哺乳瓶やまぐまぐの消毒に使っていました。

お水を入れて、レンジでチンするだけだったので、手軽で良かったです。

 

 

 

出産前に準備した赤ちゃん用品。お下がり・レンタル・手作りしたもの

出産前にお下がりでもらったベビー用品

その1:ベビーバス

いろいろなベビーバスがありますが、お友達から譲り受けたのは、空気を入れて膨らませて使えるタイプ。

 

妊娠するまでは考えもしなかったんですが、ベビーバス自体使用期間がとっても短いですよね!(約1ヶ月)

 

ふくらませて使うタイプは、お値段も1000円代で購入できるし、使わなくなっても、二人目三人目を考えていたら、それまで閉まっておくのも簡単!

もし兄弟を考えてなくても、金額も高くないので、気持ち的に処分しやすくて、オススメです。

 

その2:赤ちゃん手袋 

赤ちゃん手袋もお下がりで頂いたんですが、はっきり言って産まれたばかりは、無くても大丈夫です。

もし出産後に産まれた赤ちゃんが、顔を引っ掻く様なら準備してあげて下さい。

我が家の娘は、引っ掻く事がなかったので、使わずに終わってしまいました。

 

 

出産前に準備した赤ちゃん用品。レンタルしたもの

その1.ベビーベッド 

ベビーベッドは購入するか悩んだ末、レンタルすることにしました。

 

私はいろいろ見たがりな上に、優柔不断なので、たくさんあるベビーベッドの中から1つに絞るのに、めちゃくちゃ時間がかかってしまい、、。

その間に狙っていた、ベビーベッドは、赤ちゃんが生まれるタイミングで、レンタルできなくなっていました!!(反省)

 

「赤ちゃん用品をレンタルで!」と考えている方はなるべく早めに予約しておくのがベストです!

 

人気がある物や、デザイン・色はすでに予約で埋まっていて出産予定日に間に合わない可能性があります。お気をつけて!

 

ちなみに、バウンサーやチャイルドシートなどのレンタルも検討したんですが、我が家で実際にレンタルしたのはベビーベッドのみでした。

 

 

出産前に準備した赤ちゃん用品。手作りしたもの

1.おくるみ

切迫早産で寝たきりだったので、時間だけは持て余していました(笑)

出産予定日が、まだ寒い3月だったので、本(はじめましての赤ちゃんへ手編みの贈りもの)と毛糸をネットで購入。小学生以来の編み物(かぎ針編み)にチャレンジしました!

今は正直、子育てしんどい、、と思う時もありますが。おくるみを見ると赤ちゃんを待ち望んでいた、穏やかな日々を思い出せる私の宝物になっています。

 

私が見たのはこちらの本。

シンプルなデザインで、おくるみはもちろん、普段使えそうな、赤ちゃんの帽子なんかも載っていて、良かったです!

 

 

2.ソックス

こちらも手編みの一品。Youtube動画を参考に作成しました。

新生児について全く知らなかった私は、足のサイズに全然合わないソックスを作ってしまい。結局、赤ちゃんが履くことは、一度もなかったですが(涙)今では良い思い出の品物になっています。


Tutorial Crochet Newborn Easy Socks

 

 

「出産後に準備したもの」と「買わなかったもの」

出産後に準備しベビー用品

その1:抱っこ紐:エルゴ

AB型のベビーカーを準備したので、赤ちゃんが4ヶ月まではベビーカーですごすことにしました。

子供は1人目だったので、赤ちゃんが3ヶ月くらいまでは、予防接種で病院へ行く以外は、あんまり外出することも少なかったので、産後の購入でも問題なく過ごせました。

 

その2:搾乳器:ピジョンの哺乳瓶付き搾乳機

完全母乳で子育てを始めて、2か月を過ぎたあたりに購入しました。

ちょうど、おっぱいの出もだんだん良くなってきて、時々張りが酷いときがあったので、自分で搾るように購入。

自動で搾乳してくれるタイプもあるんですが、搾乳して赤ちゃんにあげる為じゃなくて、あくまで自分のおっぱいの張りを無くしたくて購入したので、手動タイプにしました。

はじめは上手くしぼれなかったけれど、慣れたら大丈夫でした。

 

その3.おむつ用ゴミ箱

ゴミ箱自体は、とても安いですが、交換用のカートリッジが必要な物は、カートリッジがなかなかのお値段なので、のちのちお金がかかって大変です。

 

我が家では、5ヵ月までは購入せずに、様子を見ていましたが、離乳食が始まるころに、においも気になるのでカートリッジを交換するタイプのゴミ箱を購入しました。

 

使用してみて、結果としては、中に専用の袋が必要な物じゃなくてもいいんじゃないかな?と感じました。

 

下にあるような、蓋つきのバケツにニオイを出さないゴミ袋で問題ないです。

 

 

 

その4.赤ちゃん用お風呂チェア  

湯船に赤ちゃんが入れるようになってから購入しました。

我が家は核家族で、夫も出張で不在がち。

なので、自分が身体や頭を洗ってる間に、寝かせておくのに、便利でした。

実際の試用期間は、3ヵ月くらいだったと思います。赤ちゃんの腰が座るくらいまで使用しました。

 

 

悩んだけど買わなかったもの

授乳ケープ

赤ちゃん連れで外出する時は、授乳室がある施設へ行くことがほとんどだったので、結果無くても大丈夫でした。

それと、私はご飯を食べながら、外で授乳する勇気が無かったので(その時はまだ乙女の心があったので。笑)購入しなかったという理由もあります。

実際、赤ちゃんとご飯を食べに行ったり、公共の乗り物に乗ったりすると、タイミングを間違えると「お腹がすいて泣き止まなくて困った!」なんてことも多いので。授乳ケープはあると便利かな?と思います。

もし第2子が産まれた際は、購入をしてみようと思っています。

 

 

おむつ替えシート

出産前は外出先のおむつ替え用に購入しようかな?と思いましたが、外出時はいつもおくるみやバスタオルを持参していたので、それで代用して問題なかったです。

 

お尻拭きウォーマー

冷たいおしりふきでも、泣くことがなかったので、結局購入せずに過ごしました。

 

 

 

まとめ

いかがでした?

初めての出産の場合、何を買っていいのやら見当もつかず、あれもこれもになってしいますよね。

初めは必要最低限のベビー用品をそろえて、生まれてから(外出は大変になってしまいますが)購入しても、大丈夫なものも結構ありまので、検討してみてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

あわせて読みたい

▶︎出産祝い・出産準備におすすめ!海外サイトでみつけたかわいいベビーグッズ6選 - Mother Days Magazine

▶︎妊娠中、食べづわりでも食べれた物と仕事中の対策について - Mother Days Magazine