Mother Days Magazine

ワーキングマザーの育児・家族・仕事のブログ。「悩み」「感じたこと」「役に立ったこと」いろいろ発信しています。

二人目子作り。二人目をどうするか悩んだ理由5選。

f:id:chanmie:20170428065552j:image

二人目ほしい!

そう思ったのは、39歳6か月。もう40歳も目前の時。

初産が36歳だったから、二人目が欲しいなら、考えてる暇はなかったけれど。

初めての子育てが想像以上に、体力的にも精神的にも大変だったから、39歳になるまで二の足を踏んでいました。

ついでに授乳を終えたのも、つい半年前。娘が2歳6ヶ月の時。

二人目はどうしようか、、。

心の整理がつかない日々を過ごしていました。

 

私が二人目子作りを悩んだ理由

その1:年齢について

分かりやすいですが、恐らくこれが一番の問題。

私がまだ若々しい女性であれば、二人目について、もう少し楽観的に考えられていたかもしれません。

「いつかできるか。」ってね。

でも、40を目前に控えた今。「まだいっか。」なんて言っている余裕がありません。もし今二人目ができたとして、その子が大学入学を迎えるころには、私たちは60代!!(考えたくない、、。)

頑張って作る?それとも作らない?という2択を迫られている状況です。

 

ついでに、1人目妊娠までには、結果自然妊娠だったものの、1年半ほど結果が出ず、辛い日々をおくりました。

私が原因か夫が原因か、はたまた二人の相性の問題か。分かりませんが、とにかく子供ができにくいのは確かなのです。

また、辛い思いするのかな、、。と思うと二人目にチャレンジするか、とても悩みました。

その2:旦那さんの育児参加について

我が家の夫は、結婚前から子供大好き。でも、娘の事は大好きだけど、お世話となると、、。なかなかこちらが思う様な協力は無かったのが現実。

職場に復帰してからも、熱での突発や保育園行事は、私にまかせっきりで。結局私は、元の職場で肩身が狭くいられなくなり退職、、。

そんなイヤな思いしたけど、夫は変わらずマイペースだし。

また私だけ大変な思いするかも、と思ったら二人目を考えるのが難しかったです。

その3:お金のこと

現実問題、私も働かないと家庭崩壊。今でも結構大変だけど、二人目産んだらどうなるか?!

想像したくない!

 

その4:仕事のこと

仕事に復帰して丸2年。結局元の職場にはいられなくなり、辞めちゃったけど。

仕事は派遣に切り替え、忙しくない会社で働いているものの、最近、育児・家事・仕事のペースも、やっと掴めてきてる。子供も3歳を過ぎて、イヤイヤもおさまってきた。ちょうど安定してきたけど。

赤ちゃんを迎えるなら、仕事どうしよう、、。

歳を重ねると、人は保守的になってしまうのか(涙)また環境が変わってしまう事への不安が募ります。

 

その5:夜の営み

我が家は二人とも夜に関して淡泊なんです。ついでに40目前ということもあり、行為事態が年々減少。というか皆無!(子供ができてから一度も行為をしておらず、、。)そして私も子育て仕事に忙しく、夜は爆睡。

ぜんぜん子作りできる状態じゃありません(笑)

 

夫に相談

本当にいろんな理由で頭がこんがらがって、娘が3歳になるまで、二人目のことは、きになりつつ、夫にも話はせず、封印していました。

一人娘でもよいか、と思うときもあるんですが、40歳すぎると妊娠力が更に低下してしまう、と思うと、なんだか二人目が欲しくなってしまう、、。(複雑、、。)

子育ては、色々大変なことが多いのに、なぜか一人でいっか、と割り切れないのが不思議ですね。

そんな気持ちを夫に伝えたところ、夫も娘の可愛さからか、もう一人を望んでいたようで。

だったら早く気持ちを伝えればよかった、と思いつつも、結果、40目前にして二人でまた妊活にチャレンジするということになりました。

私は一人目の時同様、不妊外来を受診することに。

 

チャレンジすると決めて

二人目子作りにチャレンジするにあたり、期限を設けました。

リミットは40歳まで。41歳になったら妊活は辞めることに。

一人目の時も、できにくかったけれど。

おそらく二人目も年齢のこともあり、すぐに結果はでないだろうな、と今は割り切っています。

赤ちゃんを授かれるかどうかは、本当に神様しか分からないことですよね。

もし赤ちゃんを授かれなくても、運命をうけとめつつ、一人娘を大事に育てていきたいな、と今は思います。