Mother Days Magazine

ワーキングマザーの育児・家族・仕事のブログ。「悩み」「感じたこと」「役に立ったこと」いろいろ発信しています。

2歳の歯磨きの方法は?歯科検診で学んだ事。まとめ。

スポンサーリンク

f:id:chanmie:20161122085914j:image

2歳6か月。初めての歯科検診

 先日歯科検診へ行きました。 初めての歯科検診だったのですが、とても勉強になることがたくさんあったので、参考にまとめておきます。

歯の本数について

乳歯は全部で22本。

娘の場合: 2歳7ヶ月で21本でした。

右の奥歯はまだ生えていない状態でした。 

歯磨き粉ジェルは必要か?

まだうがいが上手にできない娘なので、水で磨いてうがいなし、というふうにしていたのですが、使用した方が良いとのこと。理由は、ほとんどの歯磨き粉はフッ素入で、使用した方が歯を強くすることができる、とのこと。

今回使用していたのは、チェックアップ(ライオン)でした。

 

 

お家で使用してるのは、ピジョンのブドウ味だったのですが、フッ素入りとは書いてなかったけどフッ素とかフッ化配合と普通は書いてあるらしいので、購入時はチェックしてみてください。

 

子供でもフロスは必要?

実際には、まだそんなにやる必要はないけど、「慣れておくと良いね」という感じでした。全体じゃなくて、歯と歯の隙間が狭いとこだけちゃちゃっとやる感じ。

歯ブラシが入る、隙間が広いとこはやらなくてもOK。娘は上の歯は隙間があって歯ブラシが入るから、下だけフロスをしてもらいました。

初めてのフロス体験に泣かずにできたのでよかった!でも自宅では痛い!といって完全拒否(涙)

慣れるまでは少し時間がかかりそうです。 

 

 

 歯ブラシについて 

歯ブラシは2種類用意する

子供が自分で磨く用とママパパが使用する仕上げ磨き用を分けること。

仕上げ磨き用は、ブラシが小さく奥までよく届くようにできています。

歯ブラシコーナーに置いてあるよ。

 

 

  子供専用の歯ブラシ

子供が磨いてるときめちゃくちゃ ガシガシ噛んですぐに歯ブラシがダメになっちゃいますよね。でも子供専用の歯ブラシはそれでもOK。 その代わりに、仕上げ磨き用を用意した方が良いとのこと。

仕上用はママパパだけが使う分だから、ささっとやる分にはそんなに痛まない。

 

歯磨きがイヤイヤにならない磨き方について

仕上げ磨きは、子供が飽きない様に、数字を数えたり、うたを歌ったりしてリズミカルにやるのが良いそうです。

実際にしていただいた、歯科衛生士さんは慣れてる事もあり、娘への声がけがとって上手で、勉強になりました。

数字を数えたり

鼻歌を歌ったり

「今日は保育園で何食べたかな??」

とか

「今、むしむしバイバイしてるからね〜」

「ピカピカでとってもきれいよ〜」

 など。

人柄の良さが声にも言葉にも出ていました!

羽交い締めにして無理矢理歯磨きさせてた自分に反省(涙)

少し脱線しましたが、、、

仕上げ磨きは、指先をしっかりお口の中に入れて、唇を避けて、歯が見える状態にすること。

奥歯を見る時も、口角のところに指を入れてあげて、奥歯がしっかり見える状態にしてあげること。

大人は歯茎マッサージ、とか言うけど子供は歯の白いとこだけちゃんと磨いてあげれば大丈夫とのこと。

 

仕上げ磨き驚きの事実

毎回、「仕上げはお母さん〜」と私は思っていたんですが、「朝昼は、仕上げ磨きしなくても大丈夫だよ」と言われました。

その代わり、夜しっかり磨いてあげると良いそうです。

毎回格闘してた私にとっては、少し安心させられるお話でした。

それから、歯ブラシを口に入れるだけで刺激になり、唾液が出るので、仕上げ磨きしなくても、子供が歯ブラシを加えるだけで、虫歯予防になるそうですよ。

 

 

フッ素のこと

フッ素とは?

フッ素してもらうタイミングについて

半年に一回やるとちょうど良い。

今回は2歳半検診だったので、次は3歳の時にやると良いよ。

その前には、やらない方がよい。 

2回で1セット。

歯が強く固くなる様になる。

 

 

ご褒美のタブレットのこと

よく歯磨き後のご褒美にとキシリトールのタブレットがありますが100パーセントのキシリトール表示があるものが良い。

そうじゃない場合は、歯磨き後にはあげない方が良いらしいです。

甘味料が入っていたりするのは、たとえば、グミやチョコの食べ過ぎが気になったりする時、その代わりとしてあげた方が良いよ、との事。

歯磨き後のタブレットはキシリトール100パーセントのものがベスト。 

私が見つけた中ではしまじろうのが、その表示がありました。スーパーやドラッグストアでも購入できるので、ぜひ探してみてください。

 

 

 まとめ

我が家の娘は普段は歯磨きイヤイヤで、羽交い締めにして、無理矢理歯磨きしてたのですが、歯科検診では娘もしっかり口を開け、泣くこともなく、なんならピカピカに

してもらってご機嫌で帰宅したのがとっても印象的でした。

自宅でも楽しく歯磨きできる環境を作ってあげたいな、と思える歯科検診でした。