読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mother Days Magazine

ワーキングマザーの育児・家族・仕事のブログ。「悩み」「感じたこと」「役に立ったこと」いろいろ発信しています。

子供朝のお支度でイライラしない!おすすめしまじろうアプリ

【スポンサーリンク】

f:id:chanmie:20170330085327j:image

3歳児の朝の準備が進まない

突然ですが。我が家の娘。朝のお支度がグダグダです。

  • 朝ごはん→ 途中で遊びだす
  • お着替え→ とりあえず嫌がる
  • はみがき →歯ブラシ投げ捨てる

何一つ、大人が思うようには進みません。

 

 

3歳になった彼女。もうすぐ年少さんになります。

(保育園に通っています。)

私も仕事の時間があるし、彼女のペースに合わせてあげたいけど、できないっていうジレンマの中、毎朝大きな声を出してしまう始末。

(ごめん。。)

そんな時、前にダウンロードしたアプリを思い出したんです。

それが、しまじろうの「なんじくんタイマー」 

2歳の始めごろ、ちょうどイヤイヤが始まった時に、なんか、たよれるものはないかな?とダウンロードしたのを思い出しました。 

 

2歳のはじめごろに、使用したとき。

娘に使い方を説明したけど、いまいち伝わらず、とりあえずボタンを押したがり、ぜんぜんダメで、放置していたアプリ。

「3歳になる今ならできるかな?」と思い、娘に説明すると。

もともと、しまじろうもケータイも好きなこともあり、興味をもってくれて。

使い方もマスターして、お仕度するようになったんです!

しかも、自らすすんで!

朝のお仕度が苦手なお子さんに、ぜひ試してみて下さい。

使い方

まだ時計を読むことができない、お子さんでも、ゲーム感覚で「お着替え」「歯磨き」「おかたづけ」など、たのしめるアプリです。

お花が開く前に終わらせるようにしようね、と教えてあげることができます。

 

1.「はじめる」ボタンを押す

なんじくんタイマースタート

 

2.「かたづけ」「おきがえ」などの中から、選択。

なんじくんタイマー項目選択

 

3.項目を選んだら、次は時間を設定します。

花びら1枚で5分です。枚数を決めたら「きまり」ボタンを押してください。

なんじくんタイマー時間を決める

 

4.「きまり」ボタンを押すと、

「やくそくのじかんまでにできるかな?」「準備ができたらスタートをおしてね」

となんじくんが言ってくれます。

「スタート」をおして、ゲームスタートです。

なんじくんタイマーはじめ

 

5.時間の経過とともに、少しずつお花が開き始めます。

お支度が終わったら「できた」ボタンを、子供に押してもらいましょう。

なんじくんタイマーできた

 

6.時間内に、準備ができたら、成功の音楽と一緒に、きれいにお花がさいて、

「できたー!やったねー!」

となんじくんが言ってくれます。

なんじくんタイマー成功

 

7.時間内に終わらせることが、できない場合は、「ざんねん、時間すぎちゃった。」となります。

なんじくんタイマー失敗

 

 

まとめ

初めて使ってみた時。

「なにこれ!やってみる!」と意気込んでいた娘。

2回目以降は、ちょっと面倒、、。

という雰囲気がただよっていて、これもダメか、、。と、なかばあきらめていた私。

でも、何気なく、アプリを開いて、テーブルに置いておいたら、娘が勝手に、項目を選んで(絵がかいてあるからわかるらしい。)一人で、「スタート!」とか言いながら、「はみがき」→「顔を洗う」→ついでに、「おかたづけ」まで終わらせいました!

私がいくらいってもやらないのに、10分もしないでやっていました。

やる気スイッチ入ったな!って感じでした。

すごいよ、ベネッセ。

 

朝のお支度で、困っているママさんパパさん。

ぜひお試しあれ。

なんじくんタイマー

なんじくんタイマー

  • Benesse Corporation
  • 教育
  • 無料