読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車で送迎ママへ。雨の日おすすめレインコートはこれ!

f:id:chanmie:20170330165711j:image

子供を保育園に毎日送迎するって、けっこうな重労働ですよね。

特に、子供を預け始めて「こりゃ大変だ!」と感じたのは、天気が悪い日。

雨がパラパラくらいなら、普通のレインコートでも対応できるけど。

けっこう降ってる時は、ふつうのレインコートでは、出勤前に顔も足もずぶ濡れ。

なんて時もでてきます。

そうなる前に、しっかり事前準備しておきましょう!

 

 

レインコート。買うならこんな形が良い! 

私が始め購入したのは、おしゃれレインコートでした。

(こんな感じの)

おしゃれレインコート(ネイビー)

ポーチ付きで収納・持ち運び便利&フードの取り外しができるステンカラーレインコート(because/ビコーズ)

※画像はイメージです

 

雨がひどくない時は、もちろんOKです。でも、本格的な雨の時、残念ながら、これでは完全に濡れてしまいます。

ここからは、実際に保育園に送り迎えするとき、雨や雪でも大丈夫!と思ったレインコートについてご紹介します。

 

レインコートの形は?おすすめをご紹介

形は断然ポンチョタイプがオススメ!

レインコートと言うと、コートタイプとポンチョタイプを、最近は多く見かけますよね。

私が、断然オススメするのはポンチョタイプです。
ざっくり言うと、コートタイプに比べて手元・足元が濡れにくいです。

その他にも、ポンチョタイプは、優れた所がいろいろあるので、ご紹介しますね。

 

ポンチョタイプがおすすめの理由

ここからは私がポンチョタイプをオススメする理由についてお伝えします。

 

サイクルポンチョ 

その1.ハンドルがカバーできて手元が濡れない

ポンチョタイプのそでの形は、私の調べた中では、3種類ありました。

  • 1つ目:通常の袖になってるタイプ。
  • 2つ目:袖にボタンがついていて、区切られているタイプ。
  • 3つ目:袖というのがなくて、切込みが入っているタイプ。

私がポンチョタイプのレインコートでおすすめするのは、断然3つ目の袖なしのタイプです。

上の画像の黄色レインコートも袖がないタイプなんですが。

袖なしタイプは、前部分をハンドルにかけることで、手元カバーできちゃうんです。

(他の形でも、手元やハンドルが覆えるデザインを選んだ方が良いです!)

雨や雪でも、手が濡れないだけで、快適さが断然違います。

 

その2.すその形が「ふわっ」で足元濡れない

ポンチョタイプのレインコートの良いところは、ひざ下も濡れにくいんです。

ハンドルに前部分をかけると、ポンチョのすそが「ふわっ」としますよね。

ふわっとしてる事で覆える範囲が広くなり、足元までカバーしてくれます。

ぴったりしているレインコートだとどうしても、ひざ下が濡れやすいんです。

(雨具のズボン、もしくは長靴を履かないと濡れてしまいます。)

また、ポンチョを選ぶ場合は、お尻がすっぽり隠れて、膝くらいまである長さのタイプがおススメです。

 

その3.そのほかに色々と機能的なこと

1)前カゴまでカバーできるデザイン

ポンチョはデザインによって、手元に加えて、前カゴまでカバーできるデザインになっています。

上の画像の黄色ポンチョも、カゴまでカバーできるタイプです。

(自転車の後ろに子供用の座席をつけている人には、カゴまでカバーできるレインコートがトクにおすすめです!)

特に、前のすそ部分にクリップがついているタイプの場合、クリップをカゴにはさむことで、風でめくれる心配もなく、荷物のカバーもできちゃいます。

保育園の荷物は、お布団やお着替えなど、濡れたらダメな物って多いのですよね。

私の場合は、荷物にカバー(もしくはタオル)をかけて、さらにレインコートの前部分でおおうようにしています。

これで、保育園グッツも濡れずに持っていけます。

 

2)広がりすぎない様に、中にボタン。

ポンチョをきて自転車にのると、風ですごい勢いで「ふわ」っとしてしまう時があります。

ポンチョによっては、広がりすぎないように、調節ボタンが中についているものがあります。

隠れてる部分ですが、広がり防止があると、便利です。

 

2.帽子の形について

おすすめは?バイザーありorバイザーなし

次は、帽子についてです。

一般的なデザインだと、ゴムが入っている帽子が普通かと思います。

でも、雨の日の自転車は、これでは対応できません。

顔が濡れてしまい、視界が悪くって、子供を乗せての自転車操作は危険になってしまします。

そんな問題もバイザー付きのレインコートなら解決できます。

バイザーは下の写真のように、しっかり顔をカバーしてくれます。(クリックで詳細が見れます。)

 

調整ベルト付きレインポンチョ

 

透明のバイザーは雨にぬれても、視界を確保してくれます。

顔も濡れることはほとんどありません。

とっても快適です。

コートタイプを選んだ場合でも、絶対バイザー付きがオススメです。

 

番外編:自転車以外で保育園に送迎する

自宅から保育園に近い場合

お子さんが自分で傘をさせる年齢の場合。

娘の保育園の子はみんな、レインコート&長靴、それに傘をさして通園しています。

ママやパパも傘をさして一緒に登園パターンが多いです。

子供が小さい時

まだお子さんが、傘持ってあるいたりできない。

まだ抱っこ紐でも、抱っこできる場合。

ママパパが抱っこ紐で、お子さんを抱っこ。それに傘をさして通園するパターンもありですね。

(私もレインコートを買うまで、雨の時は、抱っこ紐&傘で通園していました。)

その時、抱っこ紐を会社に持っていくと、荷物になるので、保育園の子供のロッカーに、無理矢理入れて、置いて行っていました。

ベビーカーにレインカバー

保育園によっては、ベビーカーを預かってもらえるところもありますよね。

その場合は、お子さんはベビーカーにレインカバー。自分は傘。そのまま出勤、もできますね。

 

まとめ

いかがでしたか?

雨の日の送迎は、何かと大変ですよね。

濡れない対策をして、雨でも快適な1日になる工夫をしてみては、如何でしょうか?

そして時にはタクシーを利用したりして。

息抜きしながら頑張りましょうね。