Mother Days Magazine

ワーキングマザーの育児・家族・仕事のブログ。「悩み」「感じたこと」「役に立ったこと」いろいろ発信しています。

結婚に失敗したくないあなたへ!結婚相手にすべき男性の性格について。その2

スポンサーリンク

未来の夫にするならこんな人を選ぼう!その2

f:id:chanmie:20170201090057j:image

未来の夫にするならこんな人を選ぼう!その1では夫婦の思いやりについて書きましたが、次は男性の自立心について考えてみたいと思います。

 

 

夫婦を続けていく為に必要な条件は「自立心」があるかどうか。

今の世の中、家事を絶対しない男性も少なくなってきているとは思いますが、生活面やお金の自己管理はもとより、家事全般に関しても、自分の管理で日頃から、できる人かどうかは?結婚し、家族を続けていく上で、とっても重要な要素です。

どうしても、お付き合いをしているうちは、好きだから、男性の身の回りのお世話をしたくなる女性もいると思いますし、それが愛情表現の一つになりますよね。

また、男性も基本的に、お世話されるのが、絶対嫌だ!と言う人は少ないと思います。

でも実際、結婚し子供ができたら、旦那さんの家事力がとっても重要になってきます。特に、出産後も働き続けよう、と考えている女性の方はなおさら、結婚前に未来の夫になる人が、自分に依存せずに、自分の事と受け止め、自分で考えて家事をしてくれる人なのか?を観察しておくと良いでしょう。

自分に依存している彼氏だと、結婚してから世に言う「結婚と恋愛は別!」と言う事になりかねません。

 

「結婚と恋愛は別」と言う事実。私の経験談。

私の夫を例にお話します。

私の夫は、一人暮らしはしていたものの、実家の近くに住んでいて、彼のお母さんが、洗濯やら掃除やら、定期的にしていました。

初めて彼のアパートに遊びに行った時は、調理道具も洗濯機すら無くてビックリしたのを今でも覚えています。

でも私も若かったし、その時は結婚をしたいとも微塵も思っていなかったので(笑)そうゆう人なんだな〜くらいでした。

それから、なんだかんだありつつも結婚して、子供ができるまで、家事は基本的に私が全てやるのが普通で、私も彼のお世話は苦にならず、なんならお世話したい!と思っていたので平和でした。

でも実際、結婚したまでは良かったけど、子供を授ってからも、彼の生活は変わることはなく、、、。結局全部の負担を自分が背負う事になりました。

夫は子供好きなので、子供ができて、私が大変な時は、きっと率先して子育てしてくれる!って思っていたのですが、、、。

それは私の勝手な想像でしかなく、夫は変わらず、「あれ取って!」とか「赤ちゃん泣いてるよ!」という感じで、私に依存して、自分から率先して家事や育児に参加する、という事はほぼない状態。やっても渋々って感じでした。(しかも私は育休明けに仕事に復帰しています。)

 

結婚はやっぱり

「ただ好きで結婚しちゃダメなんだ!」

「結婚と恋愛は別物!」

って思い知らされました。

 

結局どんな男性が良い?私が考えるこんな男性が夫ならきっと家庭円満!

私の夫は、私が言うのもなんですが最悪なパターンですが、きっとこんな人なら幸せな家庭を築けるかな?というポイントを自分なりに考えました。

ポイントは自立してること!

  • 自分でご飯が作れる(簡単な物でもよい。)
  • 掃除・洗濯ができる
  • 身の回りの自分のことができる(ちょっと片づけたり、洋服を畳んだり。)

※1人暮らし経験があっても、身の回りのことを女性にお願いしていたり、料理、掃除をしていない男性はNGです!

 

 結局は、女性に依存しなくても、自立して自分の事をこなせる男性が私は良いのではないかな?という風に思います!

お付き合いを現在している男性がいて、結婚を意識している人は、男性が依存体質かどうか?チェックしてみてくださいね。

もしお付き合いしている男性が依存体質だったら

それでも好きだから結婚したい!と考えているならば、今からでも良いので一緒に家事をする機会を作って(さりげなく)、今から彼が家事に参加できる環境を作ってあげた方が、今後の為です。

結婚して子供をもうけたいと思っているなら尚更です。お付き合いしている男性の家事への取り組みをちゃんと観察しておいてください。

男の人は、結局女の人に身の回りの世話をしてもらいたい、って思っている人が多いんです。仕事を外でしてきて、家庭では甘えたいって考えている人は、まだまだいると思います。

だけども女性は出産後、赤ちゃん中心の生活に大抵の人はなってしまうと思います。なので、自立してない夫と結婚した場合は、前と変わらず、自分のこともやってくれるだろうと、家事育児を女性任せにしがちです。

そうなる前から一緒にやっておいた方が結婚・出産後も安心です。

 

まとめ

私は昔からそんなに結婚に対する憧れはなかったんですが、逆にそれがよくなかったな、と今になって思います。

今婚活している、という人はちゃんと結婚に向き合ているので、それだけで私よりは失敗しない確率が高い!と思います。

それでも、私も適当に結婚したわけではないんですが「ただ好きなだけ」で相手を選んでしまった点では、失敗だったのかな?と感じます。

「自分が相手を好きなこと」は結婚したいと思う大事な要素ですが、

相手が自分をどのくらい思いやりを持って、接してくれるか?

自立してて、依存体質じゃない男性か?

が、結婚後の夫婦円満の秘訣かもしれません。

 

以上、みなさまの参考になれば幸いです。

 

 

未来の夫にするならこんな人を選ぼう:その1もぜひ! 

chanmie.hatenablog.com

 

 

出会いをお求めのみなさまへ。

30代以上の方に恋愛結婚+プライベートライフ向上を提案する会員制クラブ
【Private Members Club】