読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mother Days Magazine

ワーキングマザーの育児・家族・仕事のブログ。「悩み」「感じたこと」「役に立ったこと」いろいろ発信しています。

赤ちゃんの咳。寝ている時のひどい咳を楽にしてあげる方法

【スポンサーリンク】

f:id:chanmie:20170321130028j:image

子供が小さいうちは、風邪をひいて心配なことも多いですよね。

特に夜中に咳がひどい時。

ママが眠れないのはもちろんですが、子供が眠れない姿はかわいそうで、みてられません。

我が家の娘も、1歳の時、保育園で風邪をもらってきては、夜中の咳でよく悩まされました。

そんな時、私がやってみて、これはいけるな!と効果を実感したものをまとめました。

よかったら参考になさってくださいね。

 

 赤ちゃんの咳がひどくなる原因

 大人の場合、たいがい咳がひどい原因は「のどの風邪」とおもうことが多いですよね。

でも赤ちゃんの咳の原因は、鼻水がひどくて、咳が出てしまう、という時もあります。

どうしてかというと、赤ちゃんはお鼻がでても、自分でかめませんよね。

なので、鼻水がのどの奥におっこちてしまって、のどが刺激され、咳がでる、

というのが原因らしいです。

「咳がでること=のどの風邪」というわけではないそうです。

赤ちゃんの鼻水がひどい時はどうしたらよい? 

じゃあ、実際に鼻水が咳の原因かな?という時。そんな時どうしたらよいでしょう?

実際に、娘の寝ているときの咳がひどい時、やっていること、やってみて良かったことを、ご紹介します。

 

1.耳鼻科の受診

やっぱり病院ははずせませんね。

小児科に行くのもよいですが、熱がない時は、耳鼻科もおすすめです。

我が家の娘の耳鼻科デビューはまだ1歳にならない時でした。

6ヶ月くらいから、風邪をよくひくようになったので、はじめは小児科を受診していました。

それでも、なかなか治らない!熱はさがったけど、鼻水がひどい!というときは、耳鼻科を受診するようにしていました。

 

我が家の場合は、

  • 熱があるとき → 小児科
  • 熱がない時 → 耳鼻科

 

というような使い分けにしていました。

耳鼻科であれば、中耳炎になっているかどうかも、しっかりみてもらえます。

娘が通っていた耳鼻科の先生は、耳鼻科で手におえなさそうな時、「小児科にも行ってみてね」という指示をくれる信頼できる先生でした。

なので、基本は耳鼻科→小児科にしていました。 

 

2.自宅でお鼻の吸引

これがなかなか苦戦します。

経験のあるパパさんママさんも多いのではないでしょうか?

我が家では、初めて吸引にチャレンジしたときは、小さいスポイト状のものを使用。

 

鼻水キュートル

 

でも、だんだん赤ちゃんが大きくなって、抵抗するようになってからは、口で吸引するタイプに。

鼻水とってね

鼻水をとるときは、両手両足を、私の足で押さえつけて、身体を動かせない状態に。

毎回、すっごい嫌がられて、虐待状態。心がいたんで、辛くなる作業でした、、、。

耳鼻科の先生には、「自宅でもこまめに吸引してください」と言われていたけど、大変過ぎて、あきらめることもたびたび。

結局、耳鼻科に毎週末、吸引で通う日々が続きました。

 

ちなみに

何歳から鼻がかめるようになるか?

気になりますよね。

我が家では2歳半くらいから、自分でできるようになりました。

あの鼻水との戦いから解放されて、いまは少し楽になりました。

 

3.お部屋の加湿

加湿してのどを潤してあげましょう。

乾燥するとのどのイガイガもあっかしてしまいますので。

 

4.枕を高く・体を横向きに

夜中実際に、何度も咳き込んでしまうとき。

普段はしようしていなかったですが、枕をしてあげて、頭を高くし、身体を横向きにしてあげます。

少しでも鼻水がのどの奥に落ちるのを防いであげます。

 

5.「置き玉ねぎ」が咳止めに効果的

我が家の極めつけは、「玉ねぎ」です。

薬ものんで、咳止めのパッチも貼ったけど、夜ぜんぜん咳がおさまらないとき。

必ず枕元に置くのが玉ねぎです。

方法は、玉ねぎ1個を、半分から4つに、切って、枕元に置くだけ!

(なるべく、玉ねぎの強いにおいが、広がるように新鮮なものを切って、置きます。)

 

実際、私自身が、産後、授乳していて薬も飲めない時に、咳で夜ぜんぜん寝れないときがあって。友達から聞いてやってみたのが、はじまりです。

(けっこうネットに情報ものってますよ!)

やってみたら、その日の夜は、全く咳がでなくって感動!

それから、娘の咳がひどいときには、必ず枕元においてあげています。

始めのうちは、咳をするけど、しばらくすると、落ち着いてきます。

赤ちゃんの咳で悩んでいるとき。

ぜひ、お試しくださいね。

 

さいごに

初めての育児で、分からないことだらけの毎日を送っているときは、先が見えなくって、辛いことも多いですよね。

特にいつも元気な赤ちゃんが、咳で苦しんでいるのは、見ているだけで辛いです。

赤ちゃんのうちは免疫もよわく、風邪ももらってきやすいので、鼻水も年がら年中出ているのが、結構普通かもしれません。

我が家の娘も1歳半から2歳になるまでの半年間、鼻水が出ない日はなかったです(笑)(保育園に通っているので、それで、です。)

その時は、我が家でも鼻水が、夫婦げんかの原因になることもありました(笑)

今考えれば、たわいもないことですが、毎日の育児が必至だった証(あかし)だな!って今では、懐かしい気持ちです。

その時にいろいろやってみたことが、今、悩んでいるパパママのお役に立てれば、幸いです。