Mother Days Magazine

Mother Days Magazine

ワーキングマザーの育児・家族・仕事のブログ。「悩み」「感じたこと」「役に立ったこと」いろいろ発信しています。

肝斑が復活しちゃった!肝斑ができる理由や環境について考えてみた

f:id:chanmie:20190308093116p:image

 

数ヶ月前に、美容皮膚科に行って肝斑の薬を処方してもらい、ほとんどなくなった肝斑。

 

でも、美容皮膚科でもらった薬とサプリメントを辞めて、しばらくしたら、また復活してしまったのです!

 

という訳で、今回は、何で肝斑が復活したのか?について考えてみたいと思います。

 

肝斑復活してしまった!肝斑ができる理由や環境とは?

肝斑とは?

まずは肝斑とはについて。

目の下や頬に左右に同じ様にできる、もやっとしたシミの様な影。

私の場合は、こんな感じで、左右にあります。

 

f:id:chanmie:20190308091836j:image
f:id:chanmie:20190308091831j:image

 

いつからできたかと言うと30代に入ってから。

今は40代なのですが、30代で子どもを1人出産し、気にはなっていたけど、治療せずに放置していたら、日焼けのシミとおんなじくらい、濃くなって目立ってきてしまいました!!

 

このままではまずい!と思い、41歳の誕生日を迎えた後、美容皮膚科に通院。

で、あれこれ内服薬や塗り薬をもらって、かなり肝斑も薄くなり、肌の調子も良くなって満足していました。

 

ちなみに、1ヶ月、肝斑の薬を内服、サプリや塗り薬で治療した肌が下の写真です。

 

かなり色白、キメも整い、化粧品カウンターの美容部員さんからも、キメがこんなに整ってる人は久しぶりー!という嬉しいコメントを頂きました。

f:id:chanmie:20190308092000j:image
f:id:chanmie:20190308091942j:image

 

でも、治療を辞めたら、また肝斑がぶり返してきてしまいました!!

 

肝斑は何でぶり返すのか?私の生活から考える肝斑のできる環境とは?

実は、肝斑治療を始める前に、治療を辞めたらぶり返す、とは先生からも聞いていましたが、こんなにも早く、しかも、ものの1カ月も経たないうちに、またもやっとした肝斑が出てくるとは!!

 

で、色々調べてみたところ、私の生活の中に肝斑ができてしまう原因があることに気づきました。

 

肝斑原因その1.ストレス

これがおそらく1番の原因かと思います!私の場合。

 

肝斑の原因として、ストレスは良く聞きます。

美容皮膚科の先生にも、ストレスが原因で、肌の内部で肝斑の原因(いわゆる炎症の様な物)が生まれて、それが表面に現れている、と教えてもらいました。

 

今の世の中、ストレスフリーな生き方をする方が、かなり難しいのではないかな?と思いますし、子育てしていたら、なおさら、ストレスを感じない日なんて、皆無に近い!

 

ストレスを感じたら、自分なりにリラックスする方法を考えないといけないと思いますが、なかなか子育て真っ最中となると、難しいのが現実ですね。

 

肝斑原因その2.年齢

次に肝斑の原因と言われいるのが、ホルモンバランス。30代に入ってから、ストレスはもちれん、疲れやすかったり、産後はPMSも酷くなり、加齢が関係しているのかな?と感じることが多くなりました。

 

ちなみに、肝斑はホルモンが関係しているため、閉経を迎えると落ち着くとも言われているそうです。

 

肝斑原因その3. 洗顔の時の摩擦

皮が薄い目の周りなど、皆さん洗顔の時、優しく洗っていますか?

肝斑は刺激で出てくるそうで、強く擦ると刺激になり、肝斑がでてくるらしいです。

 

私の場合、アイメイクが落ちない事を気にして、結構しっかりめに、目の周りを洗顔する事が、多かったのですが、これもまた、肝斑が復活してしまった原因かと思います。

 

美容皮膚科の先生には、せっかく薬を飲んだりしてるんだから、できることから、しっかり対策してね、と言われてしまいました。

 

肝斑復活の原因その4. 肌の乾燥

肌の乾燥は、シワの原因にもなりますが、乾燥している事で、肌が摩擦にも敏感になり、シミも助長してしまうそうです。

 

私が肝斑が復活してしまった時期も、ちょうど寒くなり乾燥が気になり始めた季節。

 

乾燥と、さらに目周りを念入りに、洗顔してしまった事で刺激し、肝斑を復活させてしまったのかもしれません。

 

復活した肝斑を無くす為にしたこと

肌の保湿を念入りに

原因の所で、お伝えしたとおり、意外にも保湿が足りないとで、シミや肝斑の原因を作ってしまうので、化粧品を見直して美白と、さらに保湿も叶えてくれる化粧品に変えてみました。

 

美白化粧品

そんな私が選んだのが、アンプルール。

まずはトライアルキットからお試ししてみました。

 

詳細は下のリンクからどうぞ↓↓↓

▶︎安定型ハイドロキノン入り化粧品・アンプルールトライアルキットを7日間試した口コミ - Mother Days Magazine

 

美容皮膚科

やっぱり駆け込み寺はここしかありませんね!

また美容皮膚科へ行って、お薬やサプリを処方してもらいました。

 

前回と同じく処方して頂いた物は同じです。

  • トラネキサム酸錠
  • ハイドロキノン
  • トレチノイン
  • ビタミンC
  • 飲む日焼け止め (肌の糖化も予防してくれる)

 

こちらの記事で詳しく解説しています↓↓↓

▶︎肝斑シミ治療に効果があるサプリや薬は?美容皮膚科で処方されたサプリと薬の口コミ - Mother Days Magazine

 

先生に、また復活してしまったので、お薬をいただきたいとお話しし、お薬を処方してもらったのですが、毎日の生活でビタミンを摂るように、気をつけたり、洗顔時に強くこすらない様にしたり、日頃からのケアが大事だよー、というお話をして頂きました。

 

実際のところ、私はかなりガサツなので、、、

先生の話が心に突き刺さりましたー!

 

毎日の生活から見直していきたいものですね。

 

 

まとめ

肝斑は、日焼けなどのシミと違って、ホルモンバランスや、摩擦でできてしまうもの。

もちろん日焼けもNGなので、日焼け対策と日頃の生活を改善することが大事なのかもしれません。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。