Mother Days Magazine

Mother Days Magazine

ワーキングマザーの育児・家族・仕事のブログ。「悩み」「感じたこと」「役に立ったこと」いろいろ発信しています。

子供乗せ自転車用レインカバーはつけっぱなしにする?しない?

f:id:chanmie:20180530174422j:image

 

子供を幼稚園や保育園に自転車で送り迎しているご家庭なら、一度は考えたことがあると思います。

 

子供乗せ自転車カバーをつけたままにするべきか、もしくは毎回外す?

 

これから子供乗せ自転車のレインカバーを購入する、という方も多いと思いますので、どう言った場合は、つけたままが良いか?それとも外しても大丈夫な環境か?子供乗せ自転車歴4年目で感じたことや気づいたことを、私なりに考えてみたので、良かったら参考になさってください。

 

子供乗せ自転車レインカバーはつけっぱなしにする、しない?パターン別の選び方をご紹介

ご家庭によって、子供乗せ自転車のシートが前だったり、後ろだったり、子供乗せ自転車の使用頻度や駐輪の場所など、いろんなパターンがあるので、ここではパターン別にご紹介したいと思います。

 

子供乗せ自転車が前乗せの場合のレインカバーつけっぱなしにする?しない?

子供乗せ自転車が前乗せシートの場合、基本つけっぱなしでOKです。ただし夏場などの熱い時期の事を考えて、前面の透明部分がしっかりオープンになるタイプを選ぶと良いと思います。

 

理由は?

前乗せシートは使用できる期間がだいたい年齢が3歳くらい、体重15キロまでが多いですよね。小さいうちは、前乗せに子どもを乗せる場合は、基本的に大人が抱っこして乗せてあげることになると思います。

 

なので、うしろシートに比べると、前乗せのタイプは大人がカバーを開けて乗せてあげるのがメインにりますので、子ども自身がカバーを開けて乗ることもないですし、つけっぱなしにしていても、基本問題ないです。

※後ろ乗せのタイプは、自分で乗り降りできる年齢まで使えますので、つけっぱなしだと自分で乗り降りできず、不便になることも。

 

前乗せの場合も、もちろん外して雨の時だけレインカバーでも良いですが、駐輪場のタイプによっては、つけっぱなしの方がおすすめです。(理由については、駐輪場タイプ別を記事の下の方でご紹介しています。)

 

さらに、前用シートにレインカバーをつけっぱなしにする場合は、お子さんを乗せる時に、しっかりとカバーが開き乗せやすいタイプで、なおかつ熱い時期につけっぱなしでも前面のカバーをくるくるとまとめて開けておけるタイプが良いと思います。

 

子供乗せ自転車がうしろ乗せの場合のレインカバーつけっぱなしにする?しない?

子供乗せ自転車のシートが後ろ(リア)の場合は、駐輪場のタイプや子供の成長によって、つけっぱなしタイプが不便になることも。

 

理由は?

後乗せシートの場合は、前乗せに比べて、長く乗ることができます。(6歳未満まで。)

我が家は、始めから後ろ乗せ(リアシート)なんですが、1歳頃から後ろのシートを使用していました。1歳の頃は、乗る時はもちろん自分では乗れないので、抱っこで乗せてあげていました。 

 

でも、小さいうちは軽々でよかったんですが、少し子供が成長して、年少さんくらいになると、子供も身体がしっかりしてきて、抱っこして乗せるのが結構辛くなってきます。

 

また、大きくなると、晴れた日は「自分で乗りたい!」または自立心が芽生えて、「自分で乗れるところを大人に見てもらいたい!」という風になると、抱っこして乗せること自体を嫌がって大変です。

この場合、カバーをつけっぱなしで、抱っこじゃないと乗せる事ができないシートは、なるべくさけたいなぁというのが、個人的に思ったこと。

 

なので、つけっぱなしするなら、

  • カバーの全面が下まで空いて、子供が自分で乗り降りができるもの
  • 取り外しや取り付けが簡単なカバー
  • カバーは外さなくても、全面が開いて、後ろでまとめる事ができる様なタイプ

がおすすめです。

 

駐輪場のタイプ別レインカバーのつけっぱなしにする?しない?

レインカバーを選ぶ時に、もう一つ注意したいのが、駐輪場についてです。

駐輪場に屋根がある・なしでカバーの種類を選ぶのも良いかと思います。

 

レインカバーつけっぱなしの方が良い駐輪場パターン

▶その1:駐輪場・駐輪スペースに屋根がない

屋根がない、または屋根があっても、自転車がぬれてしまう場合は、やっぱり付けっぱなしがよいです。つけっぱなしにすることで、突然の雨でシートが濡れてしまう、なんてことも避けられます。

 

▶その2:自宅と自宅駐輪スペースに距離がある

意味が分からない方もいるかもしれませんが。

我が家の例でいうと、自宅がマンションの上の方の階で、駐輪場は1階にあります。

自転車駐輪場が1階で、自宅から離れていると、雨が降ったことに気づいてもカバーをすぐにかけられないんです。

気づいた時には、すでにシートはびしょ濡れ、、なんてこともしばしば。

子供は次の日シートが濡れていることが嫌で、朝の出勤前から「自転車イヤだ!」と泣かれてしまうことも数れず、です。

 

あらかじめ天気予報で雨ということが分かっている場合は別ですが、付けっぱなしであれば、ある程度こういったハプニングが避けられて便利です。

 

レインカバーをはずしても大丈夫な駐輪場パターン

駐輪場に屋根がある場合は、レインカバーを雨の時だけつけるタイプにしても、もちろんOKですね。夜中に突然雨が降ってきても、しっかり屋根があるのでシートも濡れることがないので安心ですね。 

 

つけっぱなしだと子供乗せ自転車カバーが劣化!数年で買い替えが必要になる話

少し話はそれますが、自転車カバーの劣化についてお話したいと思います。

お子さんが年少さんからの3年保育の場合だったり、平日の送迎にあまり自転車を使わない、なんていう家庭なら劣化することは、あまり考えなくても良いかなと思いますが。

 

我が家はヘビーユーザーで、ほぼ平日は毎日、子どもを保育園の送迎に自転車を使用。さらに我が家の駐輪場は屋根があるものの、雨が降るとシートはびしょびしょ。

なのでカバーはつけっぱなしにしています。

 

でもそうなると雨風にさらされて、レインカバーは基本的には劣化してしまいます。

ちなみに我が家のレインカバーは、今は2枚目になります。(1枚目のレインカバーは3年くらい使用しました。)やぶやてしまったり、雨がしみこみやすくなってしまったりと、劣化が目立ち始めたら買い替えも検討が必要です。

雨用のレインカバーはあまり安いお買い物とは言えないですが、自転車の使用頻度が高いご家庭なら、ある程度良いものを購入することをオススメ致します。

 

まとめ

私が初めて自転車のカバーを購入する!となった時、あれこれありすぎて、どれを選べば良いの?と混乱しました。

私自身は、晴れた日は外して、雨だけレインカバーしたいタイプだったんですが、なんせ自宅駐輪場が、屋根はあるけど雨風で自転車がぬれるぬれる、、。

で、結局つけっぱなしにおちついてしまったのです。

 

みなさんも生活に合ったレインカバーで、雨の日の大変な送迎を、すこしでも快適に過ごして下さいね。

 

下の記事で、私が街やネットで見て「かわいい!おしゃれ!」と感じた子供乗せレインカバーをいろいろご紹介しています!「レインカバーどうしようかな?」と悩まれてるママさんパパさん。良かったら参考にしてください!

自転車で送迎ママにおすすめ!おしゃれ子乗せ自転車レインカバー10選 - Mother Days Magazine

 

 

さいごまでお読みいただき、ありがとうございました!