Mother Days Magazine

ワーキングマザーの育児・家族・仕事のブログ。「悩み」「感じたこと」「役に立ったこと」いろいろ発信しています。

子供が赤ちゃんの時に頭の形がいびつになって悩んだ話

f:id:chanmie:20180607071327j:image

 

 

我が家には一人娘がいます。

現在4歳になり生意気ざかりで、さらに女の子らしくなってきた今日この頃です。

 

そんな娘、産まれた時は安産で、吸引とかしないで出てきてくれたので、頭の形も良くってホッとしていたのですが。

しばらくして、徐々に頭の形が変形して、いびつになってしまったんです。

 

子供が赤ちゃんの時に頭の形がいびつになって悩んだ話

今思えば、おそらく私のおっぱいのあげ方が良くなかったと思うんですが。

 

例えて言うならひし形、しかも曲がったひし形です。

正式には、「斜頭症」と言うらしいです。

赤ちゃんのいびつな頭の形で、1番多いパターンらしいんですが。

 

先程おっぱいの影響とお伝えしましたが、私のせいでそうなってしまったと言ってと過言ではありません。

 

娘を完全母乳で育てていたんですが、おっぱいが出やすく、あげやすい方を集中してあげていました。

なので抱っこは同じ方向。

そして添い乳の時も同じく、寝ている時、あげやすい方で授乳していました。

 

必然的に娘は同じ方向ばかり向いて、おっぱいを飲むことになります。

 

さらに、娘は向き癖もあって、生後3か月の首が座るころまで、基本的に右ばかりみていることが多かったんです。

 

抱っこの向きや向き癖で、気づいた時には、すでに娘の頭はいびつな形になっていたんです、、

 

 

 

赤ちゃんの頭の形を矯正してあげたい

ある日テレビを見ていた時のこと。

海外の赤ちゃんのお話だったんですが、頭の形の歪みを取るためのヘルメットをしていたのです。

 

これだ!

これで頭の形を整えてあげられる!

 

というわけで、早速、日本で提供している病院があるのかネットで検索して見ました。

 

で、提供している病院は見つけられたのですが。

 

正直金額に驚き!

赤ちゃんの頭の矯正で、約40万円!

 

到底庶民には、無理な話だったのか、、

 

ごめんなさい、娘。

 

夫にも相談しましたが、金額もさることながら、夫は赤ちゃんが長い期間、装着することに不快ではないのか?と心配していました。

 

と言うわけで、ヘルメットは諦めました。

 

でもやっぱり気になる赤ちゃんの頭の形

でも、やっぱり頭の形が気になるので、ネットでいろんな人の口コミを見てみました。

 

想像以上に、新米ママさん達も、私と同じ悩みで投稿している方も多かったです。

やっぱり、みんな気になるんだ!と少し安心。

 

その中には、先輩ママのアドバイスで、成長とともに、気にならなくなるって意見もありました。

 

でもその時は、産まれたての時あんなに綺麗な頭だったのにって、どうしても気になって、気になって仕方なかったんですよ。

気にならなくなるなんてあるのかな?ってさえ思ってました。

 

自分さえちゃんと頭の形の事、考えてあげられてたら。ごめんよ娘。

 

赤ちゃんの頭の形について検診の時に病院で相談してみた

4ヶ月の検診の時に、小児科の先生に相談してみました。

先生は、「うーん。確かに歪んでるね。」と一言。

でも病的なことが原因で、歪んでしまった訳ではないので、先生もあんまり親身になってくれず、、

 

「向きグセを変えられる様に、タオルを身体の横に当ててあげて、一定の方向を向かない様にしたり、ドーナツ枕を試してみては?」とアドバイスを頂きましたが。

でも結局、最後には「女の子だから、気にしなくて大丈夫よ!」と言われ。

 

まさかの先生からも同じアドバイスが!

でも、気にならなくなるっていっても、、

本当かな?って思ってました。

 

赤ちゃんの頭の形を整えてあげるため自宅で考えて色々やってみた

なかなか頭の形を治してあげる改善策が見いだせない中、自分なりに努力して自宅で色々やってみることにしました。

 

まずは、タオルで向きグセを治すことにチャレンジ。

寝ているときに、そーっと身体の横に長く丸めたバスタオルをおいて、上を見る様に矯正してみたり。

ドーナッツ枕を使ってみたりして、何とか頭の形を治してあげない!と思っていたのですが。

 

そうこうしている間に、娘5カ月ごろからは寝返りできるようになってきて(笑)

結局、枕やタオルが意味をなさなくなってきて、自宅で頑張って頭の形を変えてあげることに限界がきてしましました。

 

赤ちゃんの頭の形。結局最後はやっぱり気にならなくなった

そして、月日は流れ。

 

実は我が家の娘は、毛が濃いんです。

1歳になるころには、すでに髪の毛もしっかりと生えてきて、すこし髪をむすべるまでに。

で、結果、頭の形も気にならなくなってきたんです。

 

毎日の忙しい育児中で、あんなに悩んでいた頭の形の事も、娘の髪が伸びるにつれて、だんだん薄れていきました。

 

ネットで見た先輩ママのアドバイスや、検診の時に小児科の先生が言っていた、

「髪が伸びたらきにならなくなるよ!」は、本当でした。

 

今の娘は髪の毛があるから、はっきり言って、頭が斜めになってるのは、全くわかりません。

 

男の子だったら、髪形によっては頭の形がでやすいから、頭の形がいびつだと可哀想かも、と思いますが、女の子は、頭の形が変形しちゃっても少し安心だと思いました。

 

でも、実は私が中学の時は、絶壁の頭の形がコンプレックスだったのですが。

 

大人になって、ブローしたり、パーマかけたり。

頭の形をごまかす事ができれば、女の子はあまり気にしなくても良いかもしれないですね。

 

この前、久しぶりに思い出して、娘の頭の形を触ってみたけど。

やっぱり後頭部は、斜めのままでした。

その時「あー、赤ちゃんの時悩んでたなー」って。

なんかとっても懐かしくて、ほっこりした気持ちになりました。

 

頭の形で悩んでいたことは、娘の成長と共に、今はもう懐かしい思い出になっています。

 

 

まとめ

私が中学の時の話。

もうかれこれ、25年以上前の話ですが、私はドがつくほどの田舎の出身で、中学生男子は、校則でみんな坊主でした!今の時代からは考えられないですね。

で、矯正坊主たがら、頭の形丸わかり。とがっている男子もいれば、極度の絶壁の男子もいました。

その頭の形の特徴から、その子たちは色んなあだ名を付けられていて。

極度の絶壁の男子はみんなに「直角」と呼ばれていました。

 

 

自分が親になって今考えたら、その子の親も悩んだろうなってすごく思いました。

 

そうゆう思春期を過ごしてきたので、私も頭の形には敏感になっているのかもしれませんが。

 

今のところ娘の頭の形は、気にならなくなって、少しほっとしている今日この頃です。