Mother Days Magazine

Mother Days Magazine

ワーキングマザーの育児・家族・仕事のブログ。「悩み」「感じたこと」「役に立ったこと」いろいろ発信しています。

両親が不仲の子供の気持ち。父親が酒乱だった私の幼少期の話

f:id:chanmie:20180617142512j:image

 

少し重い話です。

 

私は今結婚して6年目。子供は一人。

 

旦那さんとは、仲良し夫婦とまではいきませんが、何かとケンカしながらも、結婚生活を維持する為に、お互い仲良くするために頑張ってるって感じです。

 

子供ができる前までは、子供の前では絶対ケンカしない!と思っていたんですが。

いざ結婚してみると、なかなかそれが難しく。頭ではわかっていながらも、カチン!ときたら、思わず夫も私も喧嘩腰になって、子供の前で、キツイ言葉の応酬になってしまいます。

 

みなさんのご家庭はどうでしょう?

 

でもそんな時、ふと子供を見ると、寂しそうな顔してるんですよね。

 

そして、自分が小さかった時のあの辛い気持ちを思い出してしまうんです。

 

夫婦ゲンカと子供の気持ち。父親が酒乱だった私の経験からわかること

今の若い人は、あまりお酒を飲まなくなったと言われていますが、団塊世代の私の父は、お酒を浴びるほど飲む人でした。

そして、そんな我が家の父親は、いわゆる酒乱で、お酒を飲んでは暴れる人でした。

ザ昭和!ですよね。

 

今もまだ健在で、父は72歳。そして私は40歳。

私は結婚もしてだいぶおばさんになった今でも、父親と上手く話せないんですよね。

それは、なぜかと言うと、自分が小さい頃の家庭環境にあると思います。

 

先程も言った通り、私の父は酒乱でした。

酒乱の父は、毎晩お酒を呑んでは暴れ、今日仕事であった嫌なこと、不満に感じてる母の家事の事などなど、愚痴りながら、母親にあたりちらし。

 

私達子供の前で、母はほぼ毎日、父に髪を引っ張られたり、頭をグーで殴られたりしていました。

 

さらには、母親がレンジで温めた魚が熱い!と言って、投げつけたり。

少し気に食わない事があると、テーブルの上にある食べ物や飲み物を壁に投げつけたり、、

 

本当、自宅は毎日、ほぼ修羅場で、母が辛くて泣いている顔を見て育ち、子供の自分には何にもできない無力さとか、なんでこんなお家なんだろう、、という、どうしようもない葛藤が小さいながらにありました。

 

その中でも、今でも強烈に頭に焼きついてるのは、母親が妊娠中だった時のこと。

(こんな状況でも妊娠するんだ、と今は不思議でならないけども。)

私は3人兄弟の真ん中なんですが、下に弟がいて、その弟が母のお腹にいた時の事。

 

弟と私は5歳違いなので、私はまだ4歳で、保育園の年中の時の事だと思うんですが、今でも記憶がはっきりくっきり残っています。

 

弟がお腹にいた時も、父親の酒乱は変わらずでした。

 

実家は祖父母も、同居していたのですが、私と姉は、祖父母の部屋でいつも寝ていて。

(幼いながらに、自分の身を守る為に父母とは寝ていなかったのか?物心ついた時にはすでに祖父母と寝ていました。)

 

いつもの様に祖父母の部屋で寝ていたら、ケンカしながら父と母が入ってきて。

父はいつも通り酔っ払っていて、結構お腹が大きくなった妊娠中の母親の頭をグーで、めちゃくちゃ殴っていて。

 

それを見て、私はまだ保育園の年中だったけど、お腹の赤ちゃんが死んじゃう!って思い、

とにかく怖くて怖くて、おばあちゃんの布団の中に潜り込んで。

 

それを見た祖父母は、止めに入って、、

 

という記憶が、今でも強烈に頭に焼き付いています。

 

なんて、感じの父親の元で育ったから、自宅が安心して過ごせる場所と、感じることは、ありませんでした。

特に小学生の高学年になると、自分の家にいる事は、ストレスでしかなくなり、いつから一人暮らしを始めるか?とか、早く離婚してほしい、とかそんかことばかり考えていました。

 

そんなんだから、高校になってからは自宅に寄り付く事はなくって。

自宅に帰らない方法を、いつも考えていました。

 

ちょうどそんな時、20代前半の社会人の彼氏ができて、自宅に帰りたくなくて、学校からそのまま彼氏の家に帰る事も多くなり、自宅に帰っても、夜中抜け出して、彼氏んちに行ったりしてました。

 

もちろん、父親母親には、何も言わずに、、

 

今考えたら、いわゆる非行少女ですね。

時代もコギャル全盛期で、本当はちゃめちゃな生活してました。

 

今自分が結婚して思うこと

今の自分の事と重ねて見ると。

子供の前でのケンカ、やっぱりダメって思います。

 

子供の心は柔軟、というかとっても柔らかいんですよね。

 

一度傷ついちゃうと、なかなか治らないんですよね。

 

深ーい深ーい傷になって、跡が残っちゃうんですよね。

 

かれこれ30年以上も前のことでも、いやな記憶は、昨日の事のように、鮮明で。

 

そんなんだから結婚して、実家から遠く離れた場所に住んでも、1年に一度、数日帰るのが限界。

 

自分が家族を持ち、母親になっても、いまだに父親とは上手く話せないままなんですよね。

 

 

さいごに

今結婚して、夫婦が毎日仲良く暮らすことの大変さや、子育ての大変さを見に染みて感じていますが、夫とケンカするたびに、自分の子供の頃の記憶が蘇り、子供に申し訳ない気待ちになります。

 

両親が不仲なのは、必ず子供に影響します!

 

子供の前だけでも、いつもニコニコできるように、日々努力ですね。

難しい事もありますが、子供には自分が感じた様な気持ちだけには、なって欲しくないと願っています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

あわせて読みたい

▶︎夫との相性はどう?夫婦の相性と離婚の可能性について占ってみた - Mother Days Magazine