Mother Days Magazine

ワーキングマザーの育児・家族・仕事のブログ。「悩み」「感じたこと」「役に立ったこと」いろいろ発信しています。

料理下手ワーキングマザーのご飯。現状のレパートリーのまとめ。

スポンサーリンク

f:id:chanmie:20170201084332j:image

ワーママの日常ご飯

 家事育児もして、時短ながら仕事もして、我ながら「手抜きだなー」って思うご飯が多い我が家ですが、娘も2歳になり、記憶がしっかりしてきたのか、連続して同じ物を食べたがらなかったり、野菜を嫌がり好き嫌いがはっきりしてきた事、挙げ句の果てには旦那に、「もう少し料理考えた方がいいよ」と言う、心に突き刺さるありがたいお言葉を頂いたので、これから料理を頑張るために、ブログにつづっていくことにしました!

働きながら家事育児に忙しい皆さまのお役に立てれば幸いです!

良かったら参考になさってください。

 

レパートリーの現状 

 まず本日は我が家で良く出るメニューについて考えてみます。私がなんにも考えずに、レシピを見ないで作れる物を書き出してみました。

 

  • 卵焼き
  • 豚の生姜焼き
  • 焼きそば
  • ラーメン (インスタント野菜を入れる )
  • 野菜スープ (下味は中華だし)
  • うどん
  • レトルトのカレー
  • シチュー
  • ナポリタン
  • バターコーン炒め
  • ポテトサラダ
  • サバの味噌煮
  • 肉じゃが
  • 青菜のおひたし
  • ひじき煮
  • ベーコンエッグ
  • 切り干し大根
  • ハンバーグ
  • メンチカツ
  • とりの唐揚げ
  • 野菜炒め
  • 味噌汁
  • スパゲティ トマトソース
  • グラタン

 

ざっと考えても、こんな物でしょうか。 

計25種類。

ほとんど味が決まってる物で、混ぜたりするだけが多いので、自虐的ですが、料理とはほぼ呼べない物が目立ちますね(苦笑)

 

上記以外に作ることもありますが、毎度作るたびに、レシピを確認するっていう作業が必要な私、、、。

時間のないワーキングマザーには、なんとも面倒で、非効率な事が問題です。

頭にレシピを入れてるつもりで、作ってしまった場合。

これまた食べれない物ができてしまったりすることも!!

なるべくレシピを見て作る様にはしているのが現状です。

参考にしているレシピ本:ヒルナンデス「レシピの女王」

私が参考にして「良かった!」と思ったレシピ本はヒルナンデスのレシピの女王 BESTレシピ (e-MOOK)です。

やっぱり同じ主婦の方の料理は、簡単で美味しいものが多く、とっても参考になりますね。

 

 

時々作るのは、ベスト1位の「やみつき鶏」です。子供やパパも満足の一品。

簡単だから週1くらいで、作っています。

本を購入して早2年。それ以外のレシピは挑戦したことがないのですが、、。今後は頑張ってチャレンジしてみたいです!

 

「やみつき鶏」を作りました

レシピの女王本やみつきどり

実際のレシピでは、鶏スペアリブを使ってるんですが、我が家は鶏モモで作っています。

f:id:chanmie:20170419114151j:image

正式なレシピとは少し違うんですが、我が家では、鶏肉に小麦粉をつけて炒め。

f:id:chanmie:20170419114140j:image

そのまま鍋にタレを投入。煮詰めてできあがりです。

f:id:chanmie:20170419114210j:image

 

濃いめの照り焼き風なタレがたまりません!

<タレの分量>

しょうゆ 大さじ4

さとう・酒・みりん 各大さじ2 

はちみつ 大さじ1

にんにく(すりおろし) 小さじ1/2

 

 

▼ちなみに

サイドメニューのお野菜は「らでぃっしゅぼーや 」の一汁二菜セットを使って、作りました。こちらも10分ほどで、3品できる優れもの。困った時に頼れるセットです。

過去記事にて、紹介しています。よかったら、のぞいてみてくださいね。

 

www.motherdaysmagazine.com

 

 

さいごに

私の実の母親は、あまり料理上手ではなく、でも努力する様子もなく、焼き魚や肉じゃが、スーパーのお惣菜やお味噌汁という「ザ・和食」が我が家の定番ごはんでした。でも、私はそんな料理上手じゃない母親があまり好きではなく、どうしてもっと家族の為に、ご飯づくりを頑張らないのかな?って子供ながらに思っていました。

いざ自分が子育てをするようになり、同じ穴の狢(むじな)になってしまていて、子供に同じ思いをさせてしまっているのかな、と反省しています。

仕事しながらの料理は、手間暇かけるのは難しいかもしれないけど、自分なりに工夫して、これから子供が笑顔になる食事を作ってあげたいな、と思っています。