Mother Days Magazine

ワーキングマザーの育児・家族・仕事のブログ。「悩み」「感じたこと」「役に立ったこと」いろいろ発信しています。

「子供のことを会社で理解してもらうのは難しい」と感じた出来事。

スポンサーリンク

f:id:chanmie:20170124165814j:image

 

「子育ては楽しい!」って子育て未経験の人は思っている。

働くママの日常

私は派遣社員で時短ながらも働くワーママ。

夫はサラリーマンで、基本、朝は早く出て行って、帰りは遅くに帰ってくる。

必然的に、保育園への自転車での送迎も、朝晩のご飯の準備やら、お風呂の掃除など、もろもろの家事育児全般は私の仕事になる。

仕事もして、家事育児もして、自分の時間なんてありゃしない。ちなみに周りに頼れる人もいない。

 

私の要領が悪いのもあるけど、仕事から帰ったら着替える時間もなく、仕事したまんまの姿で台所に立ち、ご飯の支度。

まだ子供は小さいから、一緒に遊んで攻撃にあい、支度もままならない。

そんな毎日を送っているから、たまには仕事帰り、自分の服見たり、友達や会社の人と飲みに行ったり、なんて優雅な時間過ごす事もない。

 

「子育てしていない人にこの大変さを理解してもらうのは難しい」と感じた出来事。

私は時短だから16:30にいつもの様に、帰り支度していて思わず、

「あー。お迎え面倒だな。」

て言ってしまった。

 「えっ??嬉しくないんですか?」

 と隣の席の子育て未経験の男性(既婚・子供なし)に言われて私はハッとした。

 

忘れていたけど、私も子供が産まれる前までは、子育てに幻想を抱いていた。

きっとその男性も、

「お迎えにいって、子供に会えること。イコール嬉しい!!」

という風に思っていて、私に「嬉しくないんですか?」って言ってきたんだと思う。

さらには、残業もせずに16:30という時間に会社を後にできるなんて、夢のようだと感じているのかもしれない。

 

私は、「嬉しくないんですか?」って言われて、なんだかモヤモヤした気持ちになった。

 今考えれば、過去に子育てに夢見ていた自分現実の自分とのギャップに気づかされてしまって、モヤモヤしていたんだな、と思う。

 

でも実際子育てしてみると、自由に出来ない時間に縛られまくって、身動きが取れなくて窮屈に感じる事が多いことに初めて気づく。

 

16:30に退社して、17:30にお迎えに行っても、「帰りたくない」って保育園で逃げられまくり。

挙句は、「コンビニ行きたいとか」「あれ買いたい!」とか泣かれたりして、仕事で疲れてるのに、自分の思い通りに自宅にたどり着くこともできない。

 

好きこのんで16:30に退社してる訳ではなくて。

そうしないといけない現状に縛られてるので、そうしてるのであって。

逆にバリバリ残業して働きたくても働けないのが現状なんだ、という事に、世の中の子育て未経験の人は、体感として理解できることはできないんだ、と彼の一言で気づかされた。

 

忘れていた感情 

完全に毎日の慌しさで、忘れていたけど。

赤ちゃんがなかなかできなくって思い悩んでいた日々。

「子育ては、きっと絶対に楽しい!」

って勝手に、夢見ていた過去の感情を、この出来事が一瞬にして思い出させてくれた。

今は現実に直面して、子育ての大変さを十分に理解できる。

でも、この大変の中にある、特別な幸せを実感できるのも、子供がいる今だから感じられること。

その大変の中の幸せを、大事にしていかなくては!と改めて感じさせてくれた。

今の世の中、マタハラとかで、何かと子育て中のワーママとか、ノンママとか、両者のが話題になるけど、、。

「子育て=楽しい」という、隣の席の男性が気づかせてくれた一般的な考えが、実際のところ少し違うんだ、という事が分かれば、世の中もう少し平和になるかもしれないな、と感じた。