読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mother Days Magazine

ワーキングマザーの育児・家族・仕事のブログ。「悩み」「感じたこと」「役に立ったこと」いろいろ発信しています。

3歳の女の子の女子力。

【スポンサーリンク】

f:id:chanmie:20170323091703j:image

箱入りの1人娘である、我が家の長女。

パパに恐ろしいほど溺愛されいる。

 

その長女は、先日3歳を迎えた。

しゃべりも達者になった。

 

自分の考えを、自由に伝えることだって、できる。

「あしたは、公園に行きたい!」

「チョコじゃなくて、グミが食べたい。」

 

などなど。

 

そんな彼女。

しっかり、女性としての内面も成長しつつある。

 

お手伝いしたいとき。

「洗い物したい」

「洗濯物たたんであげるね」

 

お人形で遊んでるとき。

「泣かないで。」

「大丈夫だよ。」

 

などなど。

 

それだけならまだ良いけど。

はじめに伝えたように、パパに絶対的な愛を注がれている彼女。

男性の心をすでに熟知しているようで。

 

今朝の出来事。

今日は、パパより、先に自宅を出なくちゃいけない娘。

(保育園に通っているので私と一緒に自宅を出る。)

 

いつも玄関先で、ハグとチューをして、バイバイするんだけど、今日はいつもと様子がちがう。

 

パパ 「○○ちゃん、ぎゅーしてくれる?」

娘  「え、イヤだ。」

パパ 「なんで~。行く前にぎゅーしてよ。」

娘  「やだよ~。」

パパ 「お願い!ぎゅーして。」

 

しつこくて、気持ち悪いし、聞いてる私がイライラしてくる。

 

私「早くしなさい!」

 

そこで、エレベーター到着。

(マンション住まい。)

 

娘  「じゃあね。バイバイ。」

パパ 「えー!ギュー!」

 

結局、ぎゅーが本当に嫌だったのか、しないで、私と一緒にエレベーターに乗った。

 

扉が閉まる。

 

エレベータは扉がガラスでできていて、玄関先が見える。

(エレベーター前の部屋に住んでいる。)

 

パパはバイバイしている。

 

娘「バイバーイ!」

 

バイバーイと言ったまでは良かった。

その後に放った言葉に私は驚愕(きょうがく)した!!

 

娘「帰ってきたら、ぎゅーするね♡」

 

もう、扉はしまっているので、パパの姿は見えるけど、さすがに声は聞こえない。

 

そこで、「帰ってきたらするね!」とは!

どこでそのテクニック覚えた!!

 

完全にパパを手玉にとっている!

 

末恐ろしい。

 

これからどんな女になるのか。

楽しみだ、ある意味。