Mother Days Magazine

ワーキングマザーの育児・家族・仕事のブログ。「悩み」「感じたこと」「役に立ったこと」いろいろ発信しています。

3歳の子供が保育園を突然嫌がる、その理由とは?

f:id:chanmie:20171222060316j:image

 

我が家には3歳になる娘がいます。

女の子だからか、口も達者で、人の気持ちも2歳の時から比べると、格段に理解できる様になってきた今日この頃。

2歳の頃から比べると、イヤイヤも無くなって、朝泣いて嫌がることも無くなってきたなー、と安心していたある日、また「保育園に行きたくない!」と言い出しました!

話しを聞いてみると、そこには2歳のイヤイヤとは違う、複雑な気持ちがありました。

3歳の娘が保育園に行きたくない理由 

3歳の娘の性格について

まずは、我が家の娘の性格ですが、恥ずかしがり屋の人見知り。

自宅では自己主張するけど、外では周りの空気を読みながら行動するタイプ。

 

保育園では、2歳くらいまでは、まだまだお友達と遊ぶことも少なくて、先生と遊ぶ事も多かったけれど、3歳になってからは、仲良くするお友達がだんだん決まってきて、女の子特有の仲の良いお友達グループができ始めていました。

 

自宅でも今日〇〇ちゃんと遊んだよ!なんて言ってくれる様になって、楽しくしてるんだなーと思っていた矢先。

ある日突然「保育園行きたくない!」が始まったんです。

保育園がイヤな理由を教えてくれた 

おしゃべりが上手くなったし、記憶もしっかりしてきて、色々お話し出来るようになった娘。

朝、めちゃくちゃ嫌がっても、私も仕事に行かなくちゃいけないし、無理矢理でも保育園に連れて行かなくてはいけない(涙)

けれど、なるべく子供の心に寄り添う努力をしたかったので、「なんで嫌なのか?」と聞いてみることに。

すると2歳とは違う、しっかりとした答えがそこにはあったのです。

それは、お友達とのある日の出来事がきっかけでした。

 

ある日の出来事その1

ある日、園庭で遊んでいた時の事。おそらく楽しく遊んでいた事と想像するのですが、同じクラスの体の大きい子とぶつかり、激しく転んでしまった、と先生からお迎えのときに聞いた。

自宅に帰ってから、誰とぶつかったか聞いたところ、ある男の子の名前が。その子は男の子で、身体も大きく活発な子。ドラえもんで例えるなら、ジャイアンタイプかな?

どうやら、それ以来、男の子が怖いらしい。

それ以来「男の子、悪いことする」とか「怖い」っていうワードが出てくるように。

 

ある日の出来事その2

これは女の子あるある。グループのお話し。

3歳だけど、女は女。そこには、女特有の、なんか厄介な出来事が。

娘に聞いてみたところ、どうやら、いつも仲良くしている女の子に、嫌なことをされたらしい。

やられた事に対して娘は、ひどく怒っていて、もう〇〇ちゃんと遊びたくない、先生と遊んだ方が楽しい、となんとも、返答に困る答えが返ってきた。

 

さらには、別の日。

何だかんだあったけど、その子とまた遊んでいたら、その子から「ついて来ないで!」と言われたと。

もしかすると娘が最初に、その子に対して嫌なことしたかもしれないが、、

仲良くしてる子に言われて、それはさすがにショックだろうな、と想像した。

 

ある日の出来事その3

3歳になって、ぐっと風邪を引いてお休みする事が少なくなっていたけれど、私が仕事の時間を少し長くした事で、これまでの生活リズムが崩れてしまい(ごめん、、)季節の変わり目で、久々に40度までお熱が出た時のこと。

今思えば、あれは季節外れのインフルエンザだったのでは?と思っているんですが、40度くらいのお熱が、3日ほど続いてしまい、4日ほど、久しぶり保育園をお休みしてしまったんです。

すると案の定、保育園に行きたがらなくなってしまいました。

 

3歳の娘が保育園に行きたくない理由:まとめ

ざっとまとめると下の事が考えられました。

 

  • お友達との関係が上手くいかない
  • 体調が悪い
  • 自宅で遊びたい!ママやパパと一緒にいたい

 

3歳だしまだ甘えたい盛りの年頃だから、パパママとの時間が少ないと、やっぱり、イヤイヤが多くなるのは仕方ないかな、と思うけど、お友達とのアレコレは、これから子供が成長する為の、大切なことかな、と思います。

 

みんなと仲良くなりなさい、とは思わないけど、自分が嫌なことがあった時は、ちゃんと自分の気持ちを相手に伝えられる子、それから、相手が嫌がる事はしない、ちゃんとごめんなさいが言え子になって欲しい、と娘の話を聞きながら、思いました。

 

さいごに 

人間関係がだんだん複雑になってきて、他の人とも関わることが大人になると多くなる3歳の時期は、大人もドキッとするようなことがあることが分かりました。

イヤイヤも大変だけど、しっかり子供の心に寄り添っていける母でありたいと、思う今日この頃です。