Mother Days Magazine

ワーキングマザーの育児・家族・仕事のブログ。「悩み」「感じたこと」「役に立ったこと」いろいろ発信しています。

二人目を作ろうと決心した出来事とは?

f:id:chanmie:20171201094009j:image

 

今年の初めから、二人目を作ろう!と病院へ行ったりとか、サプリを飲んだりとか、チャレンジ中です。

 

でも一人娘もいるし、年齢ももうギリギリの40歳だし。

できたら嬉しいなー、という淡い期待の中、妊活してる感じでした。

 

でも先日、その淡い思いを決心に変える、衝撃の出来事が起きたのです。

 

今日は、それについて書きたいと思います。

 

二人目が欲しい思いを決心に変えた出来事 

我が家の一人娘は、現在3歳9ヶ月。

赤ちゃんのころから、人見知りの引っ込み思案。あんまり人と交わることが得意なタイプではありません。

保育園に通ってますが、色んなお友達と遊ぶと言うよりは、気の合う特定のお友達と遊ぶタイプ。

でも、自宅では一人遊びは好きじゃなく、必ず私か夫を呼んで、「一緒に遊ぼう!」と言ってきます。

たぶん、人見知りだけど、一人遊びは好きじゃないと、私は感じています。

本当は、寂しがり屋なんじゃないかな、と。

 

 

そんな娘は現代っ子なだけあって、YouTubeが好きで良く見てるのですが。

ある日、保育園から帰ってきてから、私がご飯の準備をしている間に、一人でYouTubeを見ていました。

 

そこまでは、いつもと変わらない出来事。

でも、YouTubeを見てる途中から、当日に届いた、こどもちゃれんじのお医者さんセットで遊び始めて。

 

そのお医者さんセットどうするのかな?と料理しながら何気なく見ていたら、なんと聴診器を、携帯の中の、YouTubeの女の子に、あてはじめたのです!

さらには、お熱を測ってあげたりして、、

YouTubeの中の人に、お熱はないですね、と話しかけていました。

 

数日前に、少し高い所から落ちたりしたので、 

頭大丈夫か?と心配になったり。

はたまた、単なる天然な性格なのか?

それとも、寂しさ故の行動か?

 

その行動を見て、なんだか可哀想になってしまいました。(親バカでしょうか?)

 

私は昼間仕事もしているし、帰宅してからは、家事をしなくてはいけなかったりで、どうしても、かまってあげられない時があります、、

 

そんな時、娘は一人で遊ぶ事も多いです。

 

でも、今回この娘の行動を目の当たりにして、姉妹、兄妹がいたら違うかもしれない、やっぱり二人目を本気で考えたい、と言う気持ちになりました。

 

さいごに

一人っ子でもいいって生まれたばかりは大変な事もあり、二人目を希望しなかった私。

でも、時間が経つにつれて、子供の可愛さもあり、やっぱりもう一人欲しい、と思うようになりました。

年齢的に考えれば、もっと早く計画的に、子づくりすればよかったと、いまは少し後悔もありますが。

引き続き、二人目の妊活、さらに本気で頑張っていきたい!と感じさせられる出来事でした。